ガーディアン
「こんな時代だからこそ、騎士団の精神を忘れてはいかん!」

・背景
ガーディアンはウォリアー同様武器を操る戦士だが、
ウォリアーと異なり、敵を倒すのではなく仲間を守る際に最大限の力が発揮される。
攻撃を自分に集中させる、盾を使って体勢を崩すなど、サポートを得意としている。
そのルーツは旧グランシュタット王国の騎士であり、
王国が解体された今もその精神は脈々と受け継がれている。

・ボーナス特技
【パリイ】【シールド】の限界SLvに+1のボーナスを得る。


・クラス解説/オススメ特技
圧倒的なターゲット固定能力がウリのクラスです!
可能な限りの分厚い鎧を身に着けて仲間の盾になりましょう!
カウンターや盾を用いた打撃も侮れない威力を持っているため、
守るだけではなく攻勢に打って出ることも可能な、頼もしいクラスと言えるでしょう。
有利な特異点「肉の鎧」も獲得すれば、完璧です!

【ガーディアンスピリット】や【アテンション】は必須とも言える特技ですが、
【アテンション】は逆に自分がやられてしまわないよう、注意して使用する必要があります。
全力防御でパーティーの盾に専念するなら【フルガード】、
行動ターンも積極的に攻撃参加するなら【シールドヒット】があると良いでしょう。
その後他の特技を必要に応じて獲得していけば、理想のガーディアンになれるはずです。




・特技リスト


名称:【シールドマスター】
使用:常時  最大:3
効果:盾を用いた物理攻撃の〔命中〕判定に「SLv×3」のボーナスを得る。
また、「シールド」にSLv分のボーナスを得る。



名称:【アーマーナレッジ】
使用:常時  最大:3
効果:鎧と盾の「必要体力」を考える際、[体力]が「SLv×2」多いものと扱う。



名称:【ガーディアンプライド】
使用:常時  最大:1
前提:【ガーディアンスピリット】
効果:【ガーディアンスピリット】【クイックガード】【アブソリュートウォール】使用時に受ける
最終的なダメージを10点軽減する。



名称:【アーマードボディ】
使用:常時  最大:1
前提:【アーマーナレッジ】
効果:盾と鎧を装備しており両方の「必要体力」が12以上だった場合、
〔HP〕の最大値に+20のボーナスを得る。
装備が解除されても〔HP〕の現在値は減らないが、
最大値を超えていた場合は最大値まで減少する。



名称:【ウォリアードッジ】
使用:被ダメージ直後 判定:なし  疲労:3
射程:自分  最大:3  CT:なし
効果:避けきれなかった攻撃を急所からはずし、致命傷を避ける技術。
あらゆる防護点に「SLv×5」のボーナスを得てダメージを計算する。
「ドッジ」が不可能な攻撃に対しては使用できない。



名称:【ガーディアンスピリット】
使用:対象の〔回避〕判定直前  判定:なし  疲労:0
射程:1  最大:1  CT:なし
効果:隣接ヘクスの対象が単体攻撃を受けた際、かばって代わりにダメージを受ける技。
「パリイ」や「シールド」が可能な攻撃なら、自分が〔回避〕を試みることも可能。
〔命中〕判定がクリティカルだった場合や、使用者が〔回避〕や行動をできない場合使用不可。



名称:【クイックガード】
使用:対象の〔回避〕判定直前  判定:なし  疲労:3
射程:〔移動〕  最大:1  CT:次ターン
前提:【ガーディアンスピリット】
効果:射程内の対象1体に【ガーディアンスピリット】を使用する。
その際、対象に隣接するヘクスまで移動することも可能。



名称:【アブソリュートウォール】
使用:対象の〔回避〕判定直前  判定:なし  疲労:10
射程:〔移動〕  最大:1  CT:戦闘終了
前提:【クイックガード】
効果:射程内の対象全員を同時にかばって代わりにダメージを受ける技。
「パリイ」や「シールド」が可能な攻撃なら自分が〔回避〕を試みることも可能で、
〔回避〕やダメージの判定は1人分で良い。
〔命中〕判定がクリティカルだった場合や、使用者が行動できない場合使用不可。



名称:【カウンターアタック】
使用:「シールド」成功直後  判定:〔命中〕判定(近接)  疲労:4
射程:武器依存(近接)  最大:3  CT:なし
効果:「シールド」成功後にすかさず手持ちの武器で反撃する技。
〔命中〕判定に「SLv×2」、致傷力に「SLv×10」のボーナスを得て反撃を行う。
「全力防御」中でも攻撃が可能。



名称:【ダブルカウンター】
使用:「シールド」成功直後  判定:〔命中〕判定(近接)  疲労:10
射程:武器依存(近接)  最大:1  CT:戦闘終了
前提:【カウンターアタック3】
効果:「シールド」成功後にすかさず【カウンターアタック3】で2回連続攻撃を行う。



名称:【アテンション】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:5
射程:10  最大:1  CT:なし
効果:敵を挑発して自分に攻撃を向けさせる技。次の使用者のターンまで、
射程内の対象全員は攻撃を行う場合、必ず使用者を攻撃しなくてはならない。

・攻撃が届かないなどの理由で、使用者を攻撃の対象に指定できない場合は除く。
・範囲攻撃に使用者以外を巻き込むことは可能。
・一度に複数の【アテンション】が使用された場合は、そのどちらを狙っても良い。
・使用時に対象の一部のみを除外することはできない。



名称:【プッシュアウト】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:1
射程:1  最大:1  CT:なし
効果:武器の持ち手や柄で不意打ちを行い、相手を弾き飛ばして間合いをとる。
対象1体を任意の方向へ1ヘクス弾き飛ばし、1点の防護点無視ダメージを与える。
【デスマッチ】などの相手をつかむことを前提とした技も解除される。



名称:【クロスディフレクト】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:2
射程:自分  最大:1  CT:なし
効果:次の使用者のターンまで「パリイ」の使用可能回数が1回増加する。
1回の攻撃に対して「パリイ」が2回行えるわけではないのに注意。



名称:【スーパーアーマー】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:4
射程:自分  最大:1  CT:戦闘終了
効果:あらゆる障害を跳ね除ける強い意志で、
次の使用者のターンまで「☆バッドステータス」を受けなくなる。



名称:【フルガード】
使用:行動ターン  判定:なし  疲労:3
射程:自分  最大:3  CT:なし
効果:鉄壁の防御の構えをとり、敵の攻撃を防ぐ。
次のターンまであらゆる防護点に「SLv×5」のボーナスを得て「全力防御」を行う。



名称:【シールドヒット】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(盾)  疲労:3
射程:1(近接)  最大:3  CT:なし
効果:盾を利用して対象を強打、バランスも崩す技。
致傷力は「3D+SLv×盾の必要体力」で、「パリイ」不可の「打撃」属性ダメージ。
更に使用者は次のターンまで「シールド」にSLv分のボーナスを得る。
アタッチメント「戻る盾」使用時は射程10の射撃攻撃も可能。



名称:【クリティカルシールド】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(盾)  疲労:8
射程:1(近接)  最大:1  CT:戦闘終了
前提:【シールドヒット3】
効果:盾を大きく振りかぶり頭上から叩きつける、必殺の盾攻撃。
クリティカル値に+6、致傷力に+30のボーナスを得て【シールドヒット3】を行う。



名称:【フルリカバリー】
使用:行動ターン  判定:なし  疲労:10
射程:自分  最大:1  CT:シナリオ終了
前提:【フルガード3】
効果:闘気を奮い立たせ、自らの〔HP〕を完全に回復する。
「☆バッドステータス」を受けていた場合、それも解除する。



・オススメコース
全力防御を活用した「シールド」による回避から【カウンターヒット】への反撃を狙います。
片手武器+盾で戦い、ダメージは【ガーディアンプライド】【フルガード】で食い止めます。
重点能力・・・[体力][感覚][意志]

CL1 :【ガーディアンスピリット】
CL2 :【ガーディアンプライド】
CL3 :【カウンターヒット】
CL4 :【フルガード】
CL5 :【カウンターヒット2】
CL6 :【フルガード2】
CL7 :【クイックガード】
CL8 :【アブソリュートウォール】
CL9 :【シールド】(共通)
CL10:【カウンターヒット3】
CL11:【ダブルカウンター】
CL12:【フルガード3】
CL13:【アテンション】
CL14:【フルリカバリー】
inserted by FC2 system