デスぺラード
「俺と遊びたいのかい子猫ちゃん?高い買い物になるぜ!」

・背景
「マカロバ」と呼ばれる小型魔法射出拳銃を操るクラス。
「マカロバ」は魔道工学研究所で近年開発された武器だが、
威力が低く射程が短いという欠点があるため他の射撃武器より一段低く見られていた。
しかしそれに興味を持った、とあるシルヴァテイルが自らの格闘術と組み合わせ、
欠点である射程を機動力でカバーすることに成功。
接近して銃を操ることができるこのクラスは、シーリンクから徐々に広がっており、
様々な新種の拳銃が開発されることで攻撃力もかなり強化された。

・ボーナス特技
【ドッジ】【魔道工学のススメ】の限界SLvに+1のボーナスを得る。


・クラス解説/オススメ特技
拳銃を使っての機動戦闘が可能なクラスです。
機動力で敵を撹乱したり、近接武器に追撃を行ったりとテクニカルな戦闘が行えます。
他の射撃系クラスに比べると回避率をかなり高くすることが可能ですが、
射程が短い分立ち回りに工夫が必要で、やや上級者向けと言えるかもしれません。

まずは【オーバーライドショット】を獲得することで、攻撃力の低さをカバーしたいところです。
そのためには特異点「ミヤモトスタイル」や【ミヤモト修練】が有効でしょう。
利き腕には銃と近接武器のどちらを持つか迷うところではありますが、
【デントガン】があれば二丁拳銃でなおかつ近接武器としても使用可能です。




特技リスト

名称:【武器修練:銃】
使用:常時  最大:無制限
効果:銃を使用した〔命中〕判定に「SLv×2」のボーナスを得る。
また、銃を使用した〔回避〕判定(パリイ)にSLv分のボーナスを得る。



名称:【ミヤモト修練】
使用:常時  最大:1
効果:両手を利き腕として操るための特別な修練。
有利な特異点「ミヤモトスタイル」と同様に、両手を利き腕として使用可能になる。



名称:【デントガン】
使用:常時  最大:1
効果:銃で攻撃を行う場合「射程1(近接)」での攻撃も可能になる。
銃による近接攻撃を行った場合は〔命中〕判定に+2、致傷力に+5のボーナスを得る。
これらの効果は銃で〔命中〕判定を行う【特技】にも適用可能で、
近接攻撃の射程が伸びる特技やアタッチメントで射程を伸ばすことも可能。



名称:【ビリヤードバレット】
使用:常時  最大:1
効果:跳弾により障害物を無視した攻撃を行う技術。
銃の〔命中〕判定に+1のボーナスを得て、障害物を無視して射撃攻撃が可能になる。



名称:【バレットウォール】
使用:常時  最大:1
効果:銃で巧みに攻撃を弾く技術。
銃を装備している際の「パリイ」に+4のボーナスを得る。



名称:【オーバーライドショット】
使用:常時  最大:1
効果:「盾」を装備する手にもうひとつ銃を装備できるようになる。
これにより、行動終了後にその銃を使った通常攻撃を1回追加で行うことができる。

・この追加攻撃を行ったターンに「使用:行動終了後」の特技や攻撃はできない
・特異点「ミヤモトスタイル」がなければ、追加武器の〔命中〕と致傷力には−4のペナルティを受ける
・武器の「パリイ」への修正値は追加武器のものも加算する(「パリイ」回数は増えない)



名称:【スウェイエスケープ】
使用:常時  最大:3
効果:敵の攻撃をかわした勢いで移動する事が出来る。
「ドッジ」にSLv分のボーナスを得て、「ドッジ」成功時にSLvヘクス移動可能。
これによって射程外に逃れた場合、以降の攻撃は自動的に失敗する。



名称:【インターセプター】
使用:〔回避〕判定直前  判定:〔命中〕判定(射撃)  疲労:5
射程:武器依存(射撃)  最大:3  CT:次ターン
効果:飛来する矢弾などの射撃攻撃を、自分の矢弾で撃ち落とす技。
妨害したい攻撃の〔命中〕判定の成功度をペナルティとして自分も〔命中〕判定を行い、
成功すればその射撃攻撃を無効化する。〔命中〕判定には「SLv×2」のボーナスを得る。
自分以外を対象とした攻撃にも可能。



名称:【エスケープバレット】
使用:「ドッジ」成功直後  判定:なし  疲労:6
射程:武器依存(射撃)  最大:1  CT:次ターン
前提:【スウェイエスケープ3】
効果:敵の攻撃の隙を狙い一撃をお見舞いする。
「ドッジ」成功直後に攻撃側のキャラクターに即座に反撃を行う。
反撃は自動的に命中して、致傷力には+20のボーナスを得る。弾薬は消費しない。



名称:【デュアルフォーム】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:3
射程:自分  最大:3  CT:なし
前提:【オーバーライドショット】
効果:拳銃を使った追撃を行う型をとり、近接攻撃の威力を増大させる。
続く行動ターンで行う近接攻撃の致傷力に「SLv×6」のボーナスを得る。
使用には盾を持つ方の手に銃を装備していなくてはならない。



名称:【エイミング】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:2
射程:自分  最大:1  CT:なし
効果:敵をよく狙って射撃の命中率と威力を上昇させる。
この特技を使用したキャラクターのターンは強制終了され、
敵味方全員の行動が完了したあとに行動ターンのみが行われる。
その行動ターンで行う射撃攻撃の〔命中〕判定に+3、致傷力に+10のボーナスを得る。
同時に複数の【エイミング】が行われた場合は本来の行動順に処理を行う。



名称:【エイミングプラス】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:5
射程:自分  最大:1  CT:戦闘終了
前提:【エイミング】
効果:敵を正確に狙って射撃攻撃の威力を極限まで高める。
その威力は狙った時間が長ければ長いほど爆発的に増加する。
【エイミング】を行うが、致傷力のボーナスは「〔先制〕+5」の値に等しくなる。



名称:【イミテーションリロード】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:1
射程:自分  最大:1  CT:なし
効果:気分転換にリロードをすることでクリティカル率が気持ち分上昇する。
次のターンまで銃による攻撃のクリティカル値に+1のボーナスを得る。
また、リロードが必要な銃を使用している場合はリロードを行うこともできる。



名称:【ランアンドガン】
使用:支援ターン  判定:なし  疲労:3
射程:自分  最大:3  CT:なし
効果:走って敵の攻撃をよけながら射撃を行う技術。
行動ターンでヘクスを移動した場合のみ、
次のターンまで〔回避〕に「SLv×2」のボーナスを得る。



名称:【ハイブファイア】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(銃)  疲労:6
射程:武器依存(射撃)  最大:3  CT:なし
効果:両手に持った拳銃を狙いも気にせず乱射する技。
致傷力に「SLv×10」のボーナスを得る2回攻撃。
ただし、〔命中〕判定には−6のペナルティを受ける。
使用には両手に銃を装備している必要があるが、弾薬消費は利き腕分のみ。



名称:【ダンスマカブル】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(銃)  疲労:15
射程:武器依存(射撃)  最大:1  CT:戦闘終了
前提:【ハイブファイア3】
効果:両手に持った銃で周囲の敵に無数の銃撃を浴びせる技。
射程内の対象全員に【ハイブファイア3】を行うが、
〔命中〕判定のペナルティは−6から−10となる。



名称:【スカイウォーカー】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(近接)  疲労:10
射程:1(近接)  最大:1  CT:1ターン
前提:【デュアルフォーム3】
効果:武器を使った攻撃で敵を宙に浮かせ、銃でトドメを刺す連続攻撃。
2回連続攻撃を行い、1撃目は通常攻撃と同様に行う。
2撃目は1撃目が命中した場合のみ行うことができ、
〔回避〕できず自動的に命中して、致傷力に+30のボーナスを得る。
使用には盾を持つ方の手に銃を装備していなくてはならない。



名称:【リムショット】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(射撃)  疲労:4
射程:武器依存(射撃)  最大:1  CT:なし
効果:足などを狙った射撃で、バランスを大きく崩す技。
致傷力は通常攻撃に等しく、命中すると「☆転倒」「☆アンバランス」を与える。



名称:【ワーニングショット】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(射撃)  疲労:10
射程:武器依存(射撃)  最大:1  CT:戦闘終了
前提:【リムショット】
効果:地面への掃射攻撃を行い、複数の敵のバランスを崩す技。
扇形の射程内の対象全員に【リムショット】を行う。



名称:【アクロバットファイア】
使用:行動ターン  判定:〔命中〕判定(銃)  疲労:8
射程:武器の射程+SLv×2(射撃)  最大:3  CT:なし
効果:周囲のものを利用して高く跳躍し、下降しながら銃弾を乱射する技。
右手と左手の合計残弾数が3以上の場合のみ使用可能で、
使用後弾数は0になる。射程内の対象全員を攻撃可能で、
致傷力には「(右手残弾数+左手残弾数)×SLv」のボーナスを得る。



名称:【ヒットアンドアウェイ】
使用:行動終了後  判定:なし  疲労:なし
射程:自分  最大:1  CT:戦闘終了
前提:【ランアンドガン】
効果:攻撃を加えたあと即座にその場を離れる技術。
行動後に〔移動〕に等しいヘクスを移動可能(「移動妨害」は通常に受ける)



・オススメコース
【デントガン】【デュアルフォーム】を利用して近接主体で戦います。
回避重視の場合【ハイブファイア】【エイミング】【エイミングプラス】を【ランアンドガン】に変えます。
重点能力・・・[体力][敏捷][感覚]

CL1 :【オーバーライドショット】
CL2 :【デントガン】
CL3 :【デュアルフォーム】
CL4 :【イミテーションリロード】
CL5 :【デュアルフォーム2】
CL6 :【スウェイエスケープ】
CL7 :【スウェイエスケープ2】
CL8 :【ハイブファイア】
CL9 :【エイミング】
CL10:【デュアルフォーム3】
CL11:【スカイウォーカー】
CL12:【エイミングプラス】
CL13:【スウェイエスケープ3】
CL14:【エスケープバレット】

inserted by FC2 system