メインシナリオ5章「地中に蠢く者ども」
シナリオ原案:marsh データ制作:marsh

推奨CL合計値:70〜110

※GM以外は「B宮殿〜タンヤの工房」以降を見ないほうがシナリオを楽しむことができるでしょう。
プレイヤーとして参加する場合はご注意下さい。

@導入 Aシナリオ概要 B宮殿〜タンヤの工房  C大水晶鉱山へ
Dさらなる地下へ E対決! Fエネミーデータ Gエピローグ  H清算



@導入

「いやいや、よくぞガンダルヴァにお越しくださいました。
 以前はワンダラーの方々が定期的にあの怪物を退治してくれてたんですがねえ、
 エクスプローラーの方々はワンダラーと比べるとだいぶん頼りないといいますか・・・
 ああいえ、貴方がたは違いますよ?実力のありそうな方々に来ていただいて何よりです」


ガンダルヴァ宮殿の主、豪華な装飾品を纏った男はあなたを値踏みしつつ喋っていた。
エクスプローラーがどれだけ苦労してるかも知らず随分失礼な話だとは思ったが。

「エクスプローラーが頼りないってのは同意だけど、この際前置きはいいわ。
 天体観測所に行きたいの、さっさと星間ギア船の搭乗許可証をよこしなさい?」


天体観測所の第七魔将ザバーニーヤを倒す準備をすることにしたあなたは、
そこに向かう「星間ギア船」の搭乗許可証を受け取るため、
虚空都市ガンダルヴァの中央にそびえるガンダルヴァ宮殿でクエストを受けることにした。
・・・もっとも、今回の冒険もアニーの提案が発端なのだが。

-----------------------------------------------------------

「これは極秘情報なんだけど、特別に教えてあげるわ。
 次回『大侵攻』の指揮をとるのは第七魔将ザバーニーヤよ。
 でも、魔将は『盟約』により自身が指揮をとることは許されていない。
 ・・・つまり次回の大侵攻が、がら空きになった『天体観測所』に乗り込んで、
 第七魔将ザバーニーヤを討ち取る唯一のチャンスってワケ」


-----------------------------------------------------------

確かにそれが本当であれば第七魔将を倒す唯一のチャンスだろう。

あなたは、少し疑問を感じていた。仮面舞踏会で見たあの光景。
魔族は本当に憎むべき敵で、倒さなければならないのだろうか?
むしろ魔族はこの世界に「憎まれ役」として作られたかのような印象を受けた。
それなら、強大な力を持ちながら人間を滅ぼさない魔将たちにも合点がいく。
一体アニーはどこまで知っているのだろう?
フィルトウィズとは、魔族とは、盟約とは、一体なんなのだろう?

「ふーん、あなたもいっちょまえにそういうことに興味出てきたのかしら?
 いいわ、そういうことに詳しい奴がいるから聞きにいくことにしましょ。
 ・・・ただ、その前にこの依頼だけは終わらせちゃいましょうか」


眼前に広がる広大な空洞。色とりどりの水晶が互いに光を乱反射させ、
大水晶鉱山は眩いばかりに煌めいていた。



Aシナリオ概要

このシナリオの目的は、ガンダルヴァ宮殿の主「ガドゥス」から依頼を受け、
「大水晶鉱山」で暴れまわっている『暴食獣』グリーデルを倒すことです。
このクエストはフィルトウィズ正式稼働中にも星間ギア船を使用するために、
必要だったクエストであるため、「真実を知る者」であれば
このようなクエストがあったことを覚えていても良いでしょう。

しかしながら、『暴食獣』グリーデルは別の存在へと変異しています。
さらにやっとの思いでグリーデルを倒したものの、
ガンダルヴァ宮殿内では不穏な動きが・・・




Bガンダルヴァ宮殿〜タンヤの工房

虚空都市ガンダルヴァは大空洞アカシャの内部に存在する都市で、
「星間ステーション」を経由して「天体観測所」に向かうことのできる唯一の町です。
また、「星間ステーション」の使用許可証を発行できるのはガンダルヴァ宮殿の主だけで、
現在ガンダルヴァ宮殿の主は宝石商として巨額の富を築いた商人ガドゥスです。
最近になって急に羽振りがよくなって、この宮殿を買い取ったと言われています。

※GMへの補足
ガンダルヴァ宮殿はグラントの高名な建築家によって建てられたもので、
この建物を所有することが虚空都市ガンダルヴァにおける最高のステイタスとなります。
さらに所有者は代々、星間ステーションの使用許可証の発行が特権として認められています。
(正確には星間ステーションの管理を、ディフェンダーギルドからガンダルヴァ宮殿に委託しています)


豪華な装飾品を身に着けた恰幅の良い商人「ガドゥス」は、
冒頭の導入にあったセリフを喋りながらPCたちを歓迎します。
その隣には秘書である眼鏡の青年「ワイザー」も一緒です。
(「真実を知る者」であれば彼が「真実を知る者」であることがわかるでしょう)

大水晶鉱山で『暴食獣』グリーデルが暴れて貴重な鉱物である
「虹鉄鉱」の供給がストップしており、鉱山からの収入に悪影響を与えています。
「消失の日」以前はワンダラーにとっては星間ステーションの利用に必須のクエストだったため、
ほぼ出現と同時に倒されていました。現在はワンダラーがいなくなったため好き放題です。

「そうそう・・・虹鉄鉱の供給がなくなって困ってる鍛冶屋がいますから、そちらにもぜひ立ち寄ってください。
 その鍛冶屋の娘さんに討伐の証である赤と青のクリスタルを届けてもらいましょうか」


PCが依頼を引き受ければ「タンヤの工房」へと場面を移します。

※GMへの補足
PC側の「真実を知る者」がワイザーになぜここにいるのかなどの質問をした場合、
争いは好まないのでここで秘書の仕事をしていると答えます。




・タンヤの工房にて

「ああっ、お客さんだ!パパ、お客さんが来たよ!」

「・・・客の多い日だな。今手が離せねえ。お前が相手してやれ」

ガドゥスに教えられた住所はガンダルヴァ外壁に点在する無数の横穴の一つにあります。
大水晶鉱山で採掘を行うアカシックホイールが所狭しと駆け回っており、
この地域に慣れていないキャラクターは怒られてしまうかもしれません(あぶねーぞこのヤロウ!)

ここはグラント(岩人族)の鍛冶屋「タンヤ」の工房で、
加工が難しい「虹鉄鉱」を使った商品を扱う数少ない鍛冶屋です。
ドアを開けるとカランカランと音がなり、グラントの少女「ミスティ」が出迎えてくれます。
主人であるはずの「タンヤ」は奥から姿を見せる様子がありません。

☆描写
教えられた住所はガンダルヴァ外壁でもかなり高く不便な場所にあり、向かうには一苦労だった。
いかにアカシックホイールを使った送迎屋がいるといっても、
こんな不便な場所にあるのでは客が来ることは滅多にないだろう。
・・・君たちがそんなことを考えながら工房の錆びついたドアを開けると、
場違いといってもいいほど明るい声の少女が君たちを出迎えた。
浅黒い肌をして革製のエプロンを身に着けた岩人族(グラント)の少女で、
額には炎のように紅く輝く宝石が埋め込まれていた。


「いらっしゃいませっ、あなたはエクスプローラーさんね!
 ごめんなさい、ちょっといまパパにはお客さんが来てて・・・
 確かに虹鉄鉱がまたとれるようになったらすっごく役に立つし、嬉しいな!
 でも困ったな、うちの工房は貧乏で十分な報酬が払えそうにないから・・・
 報酬の代わりに虹鉄鉱で武器や防具を鍛えるってことでどうかな?ボクの修行にもなるし!」


PCたちがミスティと報酬について話し合っていると奥からタンヤと、
その客人である『魔剣匠』メントールが姿を見せます。(3章「我が愛しきグランシュタット」参照)

「・・・勝手に話を進めおって。お前たちが信用に足る人間であれば考えても構わんが、な」


☆意外な再開
奥からタンヤと共に『魔剣匠』メントールが姿を現します。

「あら・・・久しぶりね。ちょうどこの町に用事があったところに、
 高名な鍛冶屋であるタンヤ殿にお会いしていこうと思ったのよ」


※GMへの補足
リーベルタースは正体不明の敵の調査を行うため、『屑鉄使い』ザンテツと二人で旅にでています。
非常に危険な旅となるため、メントールを巻き込むまいと考え置いていきました。


メントールはある目的で動いており、その内容について話をしても良いでしょう。

「これはカベノナカではほぼ知られていないことだけど・・・
 各地で正体不明の怪物が出現したり、モンスターの変異が起こっているわ。
 私とリーベルタース・・・そして『屑鉄使い』ザンテツ殿はその調査をしているの。
 でもこの町での協力者からの連絡が途絶えたからその理由を調べに来たのだけど・・・」


この話についてPCが興味を示した場合さらに詳しい情報を与えて良いでしょう。

「協力者の名前はアルバというシルヴァテイルの男性よ。
 『宮殿に相棒が囚われたから助けに行く』という連絡を最後に連絡が取れなくなったわ。
 心配だから見に行ったけどガドゥスは知らぬ存ぜぬの一点。
 この際強引にでも乗り込みたいけど、それも難しいし困っていたところよ。
 そうね、貴方達に余裕があればそちらに依頼したいところだけど・・・」


メントール(ザンテツ)の話にPCが乗り気であれば、
今の事件が解決した後に手伝う約束をしても良いでしょう。
(どちらにせよ「Dガンダルヴァ宮殿地下へ」で結果的に手伝うことになりますが)

いずれにせよタンヤは成功報酬として「特別アタッチメント券」を約束してくれます。
かなり貴重な非売品であるため、通常のGPの報酬より強力であると言えるでしょう。



C大水晶鉱山にて

※このパートでは大水晶鉱山の探索を行います。
時間に余裕がないならこのパートは巻いていっても良いでしょう。

☆描写
ガンダルヴァの無数の横穴のうち1つから向かった「大水晶鉱山」は
眼前に広がる広大な空洞だった。色とりどりの水晶が互いに光を乱反射させ、
大水晶鉱山は眩いばかりに煌くき、地下へと進む通路がどこまでも続いていた・・・

「やっ、こんにちは!大水晶鉱山は初めての人かな?
 私はエクスプローラーギルドの案内人ミーネです!
 大水晶鉱山でわからないことがあればなんでも教えてあげますっ!
 ・・・特に最近、大水晶鉱山も物騒なようですし用心に越したことはないですよ」


大水晶鉱山の入り口にはエクスプローラーギルドの案内人ミーネがいます。
おしゃれとは言えませんが明るい性格のケイヴウォーカーです。
「物騒」な内容にPCが興味を示した場合、以下のようなことを教えてくれます。

・鉱山の奥で見たこともないモンスターを見た者がいる
・大水晶鉱山内に魔族はそう多くはないが少し前にスターゲイザーがうろついていたのを見た
・そのスターゲイザーと話しこんでいるシルヴァテイルらしき男性を見た

「スターゲイザーがこんなところにいるなんて珍しいですよね?
 ましてやスターゲイザーと親しげに話してる人間側の種族なんて・・・
 もっとも、何の話をしていたかまでは聞き取れませんでしたがね」


ミーネに虹鉄鉱がとれる階層を教えてもらい、向かうことになります。
大水晶鉱山は20層にわかれたダンジョンで、深い階層ほど強力なエネミーが出現します。
虹鉄鉱がとれるのは第7層で、『暴食獣』グリーデルが出現するのも同じフロアです。



・大水晶鉱山探索イベント

『暴食獣』グリーデルの出現場所までにランダムなイベントがあります。
「夢幻の迷宮:洞窟」のイベント表を参照して2ラウンド進んで下さい。

・難易度は上級が適していますが、CL合計90未満なら中級でも良いでしょう。
・エンカウントイベントが2回続いた場合、2回目は振りなおします。
・2ラウンドですがクリア時の財宝も通常通り入手できます。
・時間に余裕がない場合カットしても構いません。



・『悪食獣』グリーデルとの戦い

大水晶鉱山の探索を進めていると激しい地鳴りと共に壁が崩れ、『暴食獣』グリーデルが姿を現します。
しかし外見が伝え聞いていたものと異なり異質な雰囲気を受けることでしょう。
無機物しか興味のないはずの尾の口は醜悪に涎を垂らし、PC達を今にも捕食しようとしています。
戦闘マップは夢幻の迷宮汎用ヘクスシートを使用すればよいでしょう。

CL合計値79以下・・・エネミーのあらゆる致傷力−10 〔HP〕−200(部位は−50)
CL合計値80〜99・・・データ通り
CL合計値100以上・・
・エネミーのあらゆる致傷力+10 〔HP〕+200(部位はそのまま)



・タンヤの工房に帰還

「おお、無事片付いたようですね! これで虹鉄鉱がしばらく採取できますよ、
 こちらで採取してまとまった量になったらタンヤさんの工房にお届けしておきますね!」


「あとはボクがクリスタルを届ければ依頼は完了だね!
 みんなは長旅で疲れてるだろうからあとはボクに任せてゆっくり休んでてよ!」


『悪食獣』グリーデルを倒し、その証となる2色のクリスタルを入手すれば、
タンヤの工房に帰還することになります。メントールはすでに外出しており、
特にPCが申し出なければミスティがクリスタルを届けにいきます。

しかしいつまでたってもミスティは戻ってきません。
不審に思ったPC達がガンダルヴァ宮殿に戻ってもガドゥスの姿がどこにも見当たりません。
そして宮殿の床にはヒカリゴケが点々と道しるべのように落ちています。
ヒカリゴケの先にはガドゥスの像があり、そこでヒカリゴケが途切れています。
少し像を調べれば像の台座にスイッチがあり、押すと隠し階段が出現します。
「Dガンダルヴァ宮殿地下へ」に進んでください。

※GMへの補足
このヒカリゴケはメントールが宮殿に侵入した時目印として残したものです。
ヒカリゴケの光は1日程度持続するので、まださほど時間が経っていないのがわかります。



Dガンダルヴァ宮殿地下へ

 

・C14の階段

宮殿への道です。周囲には苦悶の表情を浮かべた女性魔族の彫刻が並んでいます。
出来栄えは精巧で、まるで直前まで生きていたかのようです。


・F9付近の部屋
毒ガスの部屋です。部屋の片隅でシルヴァテイルの男性が死亡しています。
(死亡してから日にちがたっているようで蘇生ポーションなども無意味です)
F8の扉付近まで進むとトラップが作動して、
前後の扉がロックされて毒ガスが噴き出る仕掛けになっています。
内部のキャラクターはラウンド開始時に「3D+30」の防護点無視ダメージを3回受けます。
前後の扉は破壊可能で、500点のダメージを累積で与えれば破壊して逃亡できます。
部屋に入った瞬間にPCの誰かが[感覚−9]判定に成功すればこのトラップを見破ることができます。
【盗賊の心得】や有利な特異点「虫の知らせ」があれば、それらも有効です。

1:半ば押し掛ける形でリーベルタース様の調査を手伝うことになった。
  絶対に成果を出してお役にたとう!
2:なんと魔族も謎の怪物どもを調査しているらしい。
  彼女の名はリタ。スターゲイザーのようだ。
  今後は彼女と協力したいと思う、フィルトウィズの危機に人間も魔族もないはずだ。
3:この地域の謎の怪物どもは大水晶鉱山の最深部からやってくるようだ。
  悔しいが俺だけではどうにもならない、しかしリーベルタース様なら・・・後ほど報告しよう。
4:どうも現在ガンダルヴァ宮殿を所有するガドゥスは胡散臭い。
  なにか怪しい連中が宮殿を出入りしているようだし、これも調査対象としよう。


・F3付近の部屋
豪商ガドゥスの貯め込んだ珍品が置いてある部屋です。
以下の4種のアイテムが入手可能です。
装飾品はここでしか手に入らない一品ものです。

@ういっしゅすたー(消耗品)×3
Aど根性鉄下駄(装飾品)
Bニンジャの水蜘蛛(装飾品)
Cカラクリ番傘(盾)

名称:ど根性鉄下駄(装飾品)
価格:30000GP
解説:無骨な見た目の鉄下駄。動きが鈍くなるが根性がつく。
〔移動〕〔回避〕に−2のペナルティを受ける。
〔抵抗〕に+2、〔HP〕の最大値に+20のボーナスを得る。

名称:ニンジャの水蜘蛛(装飾品)
価格:30000GP
解説:ニンジャが水上を歩くときに使用するという変わった形状の靴。
使用者は【ミズグモ】を習得する。すでに習得している場合は
「水中」ヘクスでの〔移動〕に+3のボーナスを得る。

名称:番傘シールド(盾)
体力:10(両手)  シールド:5  価格:30000GP
解説:アズマ風の傘のような形状をした盾。見た目より遥かに硬く風雨に強い。
この盾を装備すると武器を装備することができなくなる。
名称に「レイン」「ストーム」「シャワー」が入った【特技】で受ける最終的なダメージを20点軽減する。
(プレイヤーが自由に名前を決める【奥義:○○】などは除く)


・F9付近の部屋
F8の扉付近まで進むとトラップにより地面から無数の針が出現して、
部屋の中にいたPC全員が「3D+100」の「刺突」属性ダメージを受けます。
部屋に入った瞬間にPCの誰かが[感覚−9]判定に成功すればこのトラップを見破ることができます。
【盗賊の心得】や有利な特異点「虫の知らせ」があれば、それらも有効です。
また、「ど根性鉄下駄」を装備していれば鉄下駄で針が止まりダメージを受けません。


・R4の装置
操作して正しいパスワード(4桁)を入れるとJ7とK12の先に道ができます。
周囲には左手から反時計回りにサーバント、ヴァルキリー、マナート、リッチの像が並んでいます。
正解はそれぞれの魔族が所属する師団を並べたもので「7342」が正解です。
PCの誰かが[知力−9]判定に成功すればパスワードがわかります。
判定には【賢人の知恵】が有効で、SLv合計が3以上あれば正解を教えても構いません。


・N15付近の部屋
部屋の中では豪商ガドゥス、レイジィ、ワイザーの3人がいます。
部屋の中央には水堀とバリケードがあり、バリケードの向こう側には
囚われたミスティ(ミスティがPCと行動を共にしていた場合はメントール)が鎖でつながれています。

「そういえば私がどうやって富を築いたか・・・まだお教えしてませんでしたね。
 私は精巧な彫刻を作ることが得意でして、各地に愛好家がいらっしゃるのです。
 中でも彼らフィルトウィズ解放軍は資金力豊富で大口取引先なのです。」


「そぉーいうことぉ!魔族の女はいいぜー、人間は殺しちゃ赤ネームだが
 魔族ならどんなにどんなに殺してもお咎めなしときたもんだ!あっひゃひゃひゃ!
 それと、知ってるかぁ?人間も直接殺せば赤ネームだがトラップを仕掛けて殺せば
 お咎めなしなんだぜぇ?それで前任のヤツも・・・あっひゃひゃひゃひゃひゃ!」

「こらこら・・・おしゃべりがすぎますよレイジィ君。
 しかしこんなとこまで来られちゃいましたか、私は争い事は好きではないんですが・・・
 そういう仕事はレイジィ君に任せて君たちも彫刻にしてもらいましょうか。ふふっ」


PCは当然彼らを許すことはないでしょう。
「E解放軍との戦い」に進んでください。
なお彼らは「決闘宣言」を行いません。(「ルール2」参照)


※GMへの補足
わざわざミスティを指定したのは、レイジィとワイザーがタンヤの工房を訪れた際、
ワイザーがミスティにほれ込んだためです。タンヤは仕事を断りましたが、
ミスティはかわいそうに思ってレイジィの銃を改造してあげました。
ミスティがPCと同行していれば、そのことについて言及しても良いでしょう。




E解放軍との戦い



暗い灰色・・・通常のヘクス
明るい灰色・・・PC初期配置可能ヘクス
水の模様・・・水上ヘクス(ターン開始時に〔移動〕−5)
机や棚・・・通行不可
炎の模様・・・バリケード。破壊するまでダメージを与える攻撃を通さない。詳細はエネミーデータにて


・配置エネミー
レイジィ(CL36)・・・J14に配置
ワイザー(CL36)・・・K14に配置
リザードエリート傭兵(CL30×2)・・・F9、N9に配置

CL合計値79以下・・・エネミーのあらゆる致傷力−10 レイジィの【ファイアリングスカッド】削除
  ワイザーの【灼熱結界】削除 バリケードの〔HP〕−100
CL合計値80〜99・・・データ通り
CL合計値100以上・・・バリケードのHP+200



レイジィとワイザーを両方倒すと戦闘は終了します。
「Gエピローグ」に進んでください。




Fエネミーデータ

名称:『悪食獣』グリーデル(BOSS)

解説:大水晶鉱山で鉱物を食い荒らす『暴食獣』グリーデルが、
なんらかの力により変異した姿。尾に巨大な口をもち、色とりどりの水晶の鱗をもつ龍である。
口の先端部分はドリルのようになっており、これで鉱物を削って尾の口で貪る。
本来は人間を捕食したりはしないはずなのだが、
口や尾からは酸を滴らせており積極的に捕食しようとする。

CL:50  分類:ネームド/魔獣
体力:20  敏捷:13  感覚:12  知力:10  意志:20
HP:1000  FP:400  命中:23
ドッジ:12  パリイ:不可  シールド:不可
移動:10  先制:12  抵抗:20
防護:打撃20/斬撃25/刺突30/火炎30/冷気30/電撃15
攻撃:ドリルの口(槍)・・・3D+50(刺) 射程3(近接)

・特技
常時【ネームドエネミー】:HP0以外で気絶せずBSをターン開始時に打ち消す 打ち消し時CL分HP消費
常時【強酸の打撃】:近接攻撃でダメージを与えた相手のあらゆる防護点−5 シナリオ終了まで効果累積
支援【赤のクリスタル】:本体のあらゆる攻撃の〔命中〕に+2、致傷力に+10のボーナスを得る 効果は累積する
支援【青のクリスタル】:使用者の〔HP〕を200点回復する
行動【チャージアタック5】:FP4 命中23 3D+50+〔移動〕×5(刺)
   射程3(近接) 攻撃と同時に〔移動〕ヘクス移動可能
行動【ジュエルストーム】:FP15 まばゆい宝石を嵐のように吐き出すブレス 3D+50(打火冷) 射程10(扇形)
   「ドッジ−8」成功でダメージ−10 CT:1ターン 
行動【捕食:グリーデル】:命中23 3D+90(刺) 射程5(近接) 与えたダメージ分〔HP〕を回復
   この攻撃で「★死亡」すると完全に捕食され復活不可 HP600以下で使用
行動後【部位復活準備】:次の「ターン開始」時に破壊された部位1つを〔HP〕100で復活
   優先順位は 尾>赤>青 HP600以下で使用

☆行動パターン
1:支援ターンでは使用可能であれば【赤のエネルギー注入】【青のエネルギー注入】を必ず使用する。
2:行動ターンでは【ジュエルストーム】を可能な限り使用する。
CT中は【チャージアタック】を使用する。
3:〔HP〕が600以下になると【チャージアタック】の代わりに【捕食:グリーデル】を優先して使用する。
(「部位:暴食の尾」が破壊されていない場合のみ)
3:〔HP〕が600以下になると行動後に【部位復活準備】を使用するようになる。
復活の優先順位は 暴食の尾>赤のクリスタル>青のクリスタル


部位:暴食の尾
HP:200
防護:打撃30/斬撃5/刺突30/火炎30/冷気30/電撃30
攻撃:【イートポーション】・・・命中23 命中すると対象が所有する「ポーション」を全て食べる
攻撃:【怒りの尾撃】・・・命中23 3D+80(打) 射程5(近接)
解説:『悪食獣』グリーデルの尾。この部分から鉱物や燃料を摂取する。
ポーションが好物のようで、見つけ次第奪って食べようとしてしまうが、
狙った相手がポーションを持っていない場合は攻撃を行う。
ターゲット強制効果を受けず、近い相手を優先して狙う。


部位:赤のクリスタルコア
HP:200
防護:打撃30/斬撃20/刺突10/火炎∞/冷気0/電撃15
攻撃:なし
破壊:【赤のクリスタル】使用不可
解説:『悪食獣』グリーデルの体内に埋め込まれた赤く輝くクリスタル。
グリーデルの攻撃力を上昇させる役割をもつ。


部位:青のクリスタルコア
HP:200
防護:打撃30/斬撃20/刺突10/火炎0/冷気∞/電撃15
攻撃:なし
破壊:【青のクリスタル】使用不可
解説:『悪食獣』グリーデルの体内に埋め込まれた青く輝くクリスタル。
グリーデルのダメージを回復させる役割をもつ。


通常:12000GP
レア1:ういっしゅすたー(大事なもの)
レア2:ういっしゅすたー×2(大事なもの)




名称:バリケード
HP:300
防護:打撃30/斬撃40/刺突50/火炎50/冷気40/電撃30
解説:最終戦の部屋に設置されたバリケード。
ダメージを与える攻撃に対する遮蔽となる。
ただしレイジィは【ビリヤードバレット】を習得しているため、
この遮蔽の影響を受けずに攻撃が可能。
キャラクターではないので【ヒーリング】や【無敵要塞陣】の効果は受けない。




名称:リザードエリート傭兵

CL:30  分類:獣人
体力:17  敏捷:14  感覚:10  知力:10  意志:14
HP:160  FP:71  命中:22
ドッジ:10  パリイ:16  シールド:18(24)
移動:8  先制:10  抵抗:16
防護:打撃20/斬撃20/刺突15/火炎15/冷気5/電撃15
攻撃:ポセイドンポール(槍)・・・3D+35(斬刺) 射程3
攻撃:尻尾格闘(格闘)・・・3D+30(打) 射程1(近接)

・特技
常時【水中行動】:水中でも陸上のように行動可能
特殊【ステータスロック】:FP5 バッドステータスを受けた際に無効化する CT:次ターン
回避【オーラシールド3】:FP5 回避に+6のボーナスを得て「シールド」を行う
   失敗しても防護点+15でダメージ計算 CT:次ターン
行動【ヴォーテックス4】:FP4 命中22 3D+75(斬刺) 射程7(近接) 水中致傷力+20
行動【スピンヴォーテックス】:FP12 命中20 3D+75(斬刺/防護無視) 射程7 水中致傷力+20
   「パリイ」「シールド」不可 CT:戦闘終了
行動【チェーンフィッシャリー】:FP8 命中22 3D+75(斬刺) 射程10(射撃) 水中致傷力+20
   隣接ヘクスまで引き寄せ可能 攻撃後手元に戻る CT:戦闘終了
追撃【テールスマッシュ】:FP3 命中22 3D+40(打) 射程1(近接) 行動後に追加攻撃

解説:ガドゥスが雇っていたリザード傭兵隊のエリート。
レイジィとワイザーが倒されると、ガドゥスが戦いをやめさせる。

※ドロップ品なし



名称:レイジィ

CL:36  分類:人間
体力:13  敏捷:13  感覚:15  知力:10  意志:13
HP:190  FP:70  命中:23
ドッジ:17  パリイ:25(×2)  シールド:不可
移動:8  先制:15  抵抗:13
防護:打撃15/斬撃15/刺突10/火炎15/冷気10/電撃15
攻撃:ブラッドクロス(銃)・・・3D+39(打刺) 射程10(射撃)

・特技
常時【フォーチュン8】:フォーチュンを8点所持しておりPCと同様に使用する
常時【オーバーライドショット】:行動後に通常攻撃を行う
常時【ビリヤードバレット】:障害物を無視して射撃攻撃が可能
支援【ファイアリングスカッド2】:FP5 指定した対象1体への次の攻撃の致傷力+30 CT:戦闘終了
支援【高級スタミナポーション】:アイテムを使用して3D+20のFPを回復 CT:戦闘終了 FP40以下で使用
行動【ハイブファイア3】:FP6 命中17 3D+69(打刺) 射程10(射撃) 2回攻撃
行動【ワーニングショット】:FP10 命中23 3D+39(打刺) 命中時「☆転倒」「☆アンバランス」
   射程10(射撃) 射程内の対象全員攻撃 CT:戦闘終了
行動【奥義:クレイジーダンス】:FP15 無数の弾丸で敵全員に死のダンス 命中28 3D+39(打刺)
   射程内の対象全員を2回攻撃 射程10(射撃) CT:シナリオ終了 ワイザーが倒されると使用

☆行動パターン
1:1ラウンド目は【ファイアリングスカッド】でPC1人を指定後【ワーニングショット】を行う。
2:2ラウンド目以降は【ハイブファイア】を使用する。
  行動後は【ハイブファイア】で攻撃したキャラ以外を優先して【オーバーライドショト】で追撃する。
3:FPが40以下になると【高級スタミナポーション】を使用する。
4:ワイザーが気絶もしくは死亡すると【奥義:クレイジーダンス】を使用する。

解説:「フィルトウィズ解放軍」の暗殺者で「真実を知る者」。
人間型のキャラクターをいたぶり殺すのを無上の喜びとしており、
最近は魔族に止まらず人間をそのターゲットにしようと考えている。
すでに何人も人間を殺害しており、管理カードが赤く染まった「赤ネーム」のキャラクター。

※ドロップなし




名称:ワイザー

CL:36  分類:人間
体力:10  敏捷:14  感覚:14  知力:15  意志:11
HP:170  FP:70  命中:24
ドッジ:14  パリイ:不可  シールド:18
移動:9  先制:22  抵抗:13
防護:打撃15/斬撃10/刺突5/火炎10/冷気10/電撃10

・特技
常時【フォーチュン8】:フォーチュンを8点所持しておりPCと同様に使用する
被ダ【守護結界5】:FP6 対象全員の最終的なダメージを50点軽減 射程10 CT:次ターン
被ダ【灼熱結界】:FP12 【守護結界】を使用 攻撃者に守った「人数×30」の「刺突」「火炎」ダメージ
   射程10 CT:戦闘終了  HP169以下で使用
支援【行雲流水】:FP3 対象はターゲットを制限する【特技】の効果を受けなくなる 射程10
支援【高級スタミナポーション】:アイテムを使用して3D+20のFPを回復 CT:戦闘終了 FP40以下で使用
行動【ヒーリング5】:FP4 3D+75のHP回復 射程10(魔法)
行動【火炎槍5】:FP3 命中24 3D+85(刺火) 射程10(魔法)
行動【無敵要塞陣】:FP18 仲間全員の致傷力とあらゆる防護点+20 射程100 CT:シナリオ終了
行動【奥義:呪符再生陣】:FP15 対象全員のHPを3D+135回復させる
   射程10(魔法) CT:シナリオ終了 レイジィか自分のHP100以下で使用

☆行動パターン
1:1ラウンド目はワイザーに【行雲流水】→【無敵要塞陣】を使用する。
2:2ラウンド目以降は【ヒーリング】を使用する。
  バリケードが破壊されると【火炎槍】も使用する。
3:誰かがダメージを受けそうになると必ず【守護結界】を使用する。
  その際自分に僅かでもダメージを受けていた場合は先に【灼熱結界】を使用する。
4:FPが40以下になると【高級スタミナポーション】を使用する。
5:自分かレイジィのHPが100以下になると【奥義:呪符再生陣】を使用する。

解説:フィルトウィズ解放軍所属の「真実を知る者」。
各地の領主やギルド長を取り込むために暗躍している。
陰謀を練るのが趣味で、自ら手を下すことは好まない。
女性魔族を彫刻にして愛でるという歪んだ性癖をもつが、
それだけに飽き足らずミスティまでも彫刻にしようとした。

※ドロップ品なし


 

Gエピローグ

レイジィとワイザーを倒すと戦闘は終了します。
この2人に対してはHPを0以下にした際に
「捕縛」を宣言することでゲーム内刑務所「煉獄」に送ることができます。
ログ追跡でも「クロ」と判定されますので、PCに被害が及ぶことはありません。
捕縛しない場合も恨み言を吐きながら強制ログアウトします。

PCによってはガドゥスも許せないかもしれませんが、
彼を殺すとPCは「赤ネーム」になってしまいます。怒りをこらえて改心させるのが良いでしょう。
(星間ステーションの利用許可証も必要ですし)
しっかりと説得すればもう悪事に加担しない旨を約束してくれるでしょう。
彼はもともと自らの作品への評価に飢えており、
自らの腕を高く買ってくれる解放軍に協力していたにすぎません。



スターゲイザーのリタはすでにいくつもの彫刻台のひとつの上で息絶えており、
彼女が隠し持っていたメモ帳には以下のようなことが書かれています。
(最後のものは普通に書ける状態でなかったのか、血文字で書かれています)

1:ザバーニーヤ様の命で地上の調査へ向かうことになった。
  あのザバーニーヤ様にしてはずいぶんとマジメな内容だ。
  これは私も期待に応えなくては!
2:このガンダルヴァでも異常な変異をした魔獣を調査している者がいた。
  シルヴァテイルのアルバというらしい。今後は協力が期待できそうだ。
3:彼と話していて思う、やはり新たな敵と戦うためには魔族と人間の協力が必要だ。
  ・・・できるのだろうか。そんなことが本当に。
4:彼が任務が終わったあとに結婚しようと申し出てくれた。
  ・・・私はそれを受け入れたいと思う。人間と魔族で困難は多いだろうけど、彼と乗り越えてみせる。
5:フィルトウィズ解放軍・・・こいつらは悪魔だ。
  でも、それでも私は最後までアルバと人間を信じる。
  ザバーニーヤ様、これを見ることがあればあなたも人間を信じてみて下さい。
  あなたの忠実なる僕 リタ


「何が忠実なる僕よ、馬鹿じゃないのコイツ・・・
 忠実なる僕って言うなら、主人のために生きるべきじゃないの・・・?」


ガドゥスを改心させれば自らディフェンダーギルドに出頭してひとまずの解決となります。
また、宮殿を出る前に許可証もちゃんと発行してもらえます。

※ガドゥスを殺害している場合
殺害したPCは「赤ネーム」のお尋ね者になっているはずです。
ひとまずは星間ステーションの使用許可証発行をあきらめるしかないでしょう・・・



「そうね、第七魔将ザバーニーヤのところに向かう前に色々と話をしましょうか。
 この世界のこと。盟約のこと。そして新しき星のこと・・・。
 次の目的地は魔道都市ギアフォレスよ。そこに物知りなジジイがいるわ。
 ちょっと遠いけど飛行船ならひとっとびよ、準備ができたら向かいましょ!」


アニーは何かを決意したかのように語ります。
PC達が世界の謎に迫りつつありますが、それはまた別のお話となります。


メインシナリオ5章「地中に蠢く者ども」 -完-



H清算

お疲れ様でした。
シナリオを無事クリアした場合、PC全員のCLが1上昇します。
また、「特別アタッチメント券」を入手できます。
これを使用することで武器や防具にレアな効果をつけることができます。
詳細は「特別アタッチメント」の項目を確認すると良いでしょう。

名称:特別アタッチメント券(大事なもの)
価格:非売品(取引不可)
解説:「特別アタッチメント」が可能になる券。
非常に貴重な品で、滅多に手に入らない。

inserted by FC2 system