メインシナリオ4章「スノーホワイトワルツ」
シナリオ原案:marsh データ制作:marsh

推奨CL合計値:60〜100

※GM以外は「Bパーティーの準備」以降を見ないほうがシナリオを楽しむことができるでしょう。
プレイヤーとして参加する場合はご注意下さい。

@導入 Aシナリオ概要
Bパーティーの準備  ・時計台修理  ・とれとれぴちぴち  ・調度品調達  ・コーディネート!
Cパーティー当日  ・挨拶 ・宝探し ・デスとあなた
D大団円〜脱出! Eエネミーデータ Fエピローグ G清算 Hおまけ



@導入

「うおおおおおおっと!?な、なんなのよこれっ!!?」

アニーが素っ頓狂な声をあげたが、そんなことはあなたが聞きたい。
死者の箱舟が突然操作を受け付けなくなり、猛スピードで大陸北部に向かっているのだ。

「この方角は・・・永久凍土スノーホワイトかしら?・・・ったく、冗談じゃないわ!
 あんなクッソ寒い上に脳筋ネクラ女が幅利かせてるとこなんてまっぴらごmうおおおおっ!?」

そして死者の箱舟は急旋回。体力がないため、遠心力で外側の壁に叩きつけられるアニー。
・・・別に神なんて信じてはいないが、少しだけあなたは思った。天罰覿面だと。

*

「よくいらっしゃいました、第二魔将グレイヴディガー様の使者殿・・・
 って、変わった面子ッスねwwついに第二魔将様は生きてる人間まで配下にしたんッスかww」


死者の箱舟の制御がきくようになったら素早く脱出するつもりだったが、
クリスタルキャッスルの庭に着陸すると同時に、
全身氷漬けの骨、といった姿をした妙な魔族に捕まってしまった。
魔族としては珍しく、即座に戦闘を仕掛けてくる気はないようだった。
彼はふわふわと宙に浮かびながら、あなたを応接室に案内する。

「ふーん、どうやら規定の日付になったらここに向かうようにプログラミングされてたみたいね。
 だったらどっかに書いとけって話よね。グレイヴディガーの奴、気が利かないこと」


相手に聞こえないようこちらの耳元で囁くアニー。
それは突然こちらがこの船を盗んだからであって、グレイヴディガーの責任ではないのだが。

「ささ、皆さま寒いでしょうから応接間にでも。ところで、そちらのお客様はもしや・・・?」

氷漬けの魔族はアニーのほうをちらりと見やった。
・・・もっとも骨なので眼球はなく、そのような動作をした気がしただけだが。

「アタシ?アタシは電子の妖精アニーちゃんよ、以後ヨロシク」

アニーはいかにも興味なさそうに簡単な自己紹介をした。

「ほほう、左様でございましたか。以後よろしくお願い致しますよアニー様」

氷漬けの魔族はニヤリと笑って答えた。
・・・やはり骨なので、そのような表情をした気がしただけだが。

*

「さあさあ、大したもてなしもできませんがどうぞごゆるりと・・・
 なにぶん、お嬢がぜーんぶ凍らせてしまったもんでホントに何もないッスけどねwww」


この妙な喋り方をする魔族は『氷棺の受刑者』といい、第四魔将デスの右腕的存在らしい。
察するに「お嬢」というのは第四魔将デスのことだろう。
こんなところからはさっさとおさらばしたいところだが、
飛行船も高速モードのせいでしばらく魔力チャージが必要らしい。
ここは本当にグレイヴディガーの使者ということにしておいたほうがよさそうだ。

「さて、少々妙な面子が集まってるようですがこちらは予定通り事を進めさせて頂きますよ。
 使者殿にはお嬢の主催する、魔族の舞踏会の準備と当日の進行を手伝ってもらいましょう」


・・・魔族の?舞踏会?何かイメージが沸かないが・・・

「あの冷やしコミュ障が舞踏会?何かイメージ沸かないわねえ」

アニーが余計なことを付け足しつつ代弁してくれた。
いくらなんでも相手の懐でその主人を悪く言うのはまずいのでは・・・

「いやーアニーさん手厳しいッスねwww発案がお嬢なのは間違いないッスよwww
 まあ、そのあとの段取りなんかは全部ぼくがやってるんスけどね」


幸いこの魔族は話がわかる奴だったようで、軽く笑って流してもらえたようだ。
しかし、このまま敵の懐でダンスパーティーの準備を手伝っていいものか?

「ま、コイツのお墨付きをもらってるわけだし、当日は変装すれば大丈夫でしょ。
 それにあの冷血動物女はともかく、今後のためにコイツに恩を売っておくのは悪くないわ」


なんだか厄介なことになってきたが・・・
アニーの助言は一見ムチャクチャだが長い目で見れば役に立つことも多いことも確かだ。
それに死者の箱舟には警備もついており、今から逃げるのも難しそうだ。
第四魔将デスに見つかってしまわないかは心配だったが・・・
あなたはアニーと『氷棺の受刑者』のことをひとまずは信用して、
魔族たちの舞踏会の開催に向けた準備を始めることになった。

*

「ディッ、ディガー様とダンス!!ディガー様とダンスッ!!!」

・・・そのころ、第四魔将デスは自室の鏡の前で、延々とエアデュエットをしていた。




Aシナリオ概要

あなたが「死者の箱舟」に乗って移動をしていると、突如箱舟が自動操縦モードで、
雪の町スノーホワイト中央にそびえるクリスタルキャッスルに向かってしまいました。
雪の町スノーホワイトは第四魔将デスの支配地域であり非常に危険です。
PCはクリスタルキャッスルでの舞踏会が無事開催できるよう準備したのち、
舞踏会本番をうまく盛り上げていくこと(そして隙を見て脱出すること)がシナリオの目的になります。
脱出のための「死者の箱舟」は中庭に停泊させてあります。

「死者の箱舟」は連続航行を行うと一定期間の魔力チャージが必要となっており、
当分は動かせそうにありません。ここはひとまずなれなれしい魔族
『氷棺の受刑者』の話を聞いてみることにしましょう。

※シナリオのボリュームは多めで、オンラインセッションの場合1回で終わらない可能性があります。
時間に余裕を持つか、一部の内容を省略するか、2回に分けてプレイすると良いでしょう。
「Cパーティー当日」の「ドキドキ☆お宝探しゲーム」を簡略化すると良いと思われます。



Bパーティーの準備(城内探索)

「じゃあ皆さんには当日に向けて準備をしてもらうッス!
 なにぶんお嬢がコミュ障・・・じゃなくて独りがお好きなもので、
 この城の中には魔族の配下がほとんどいなくて人手不足ッス!
 とはいえ全くいないわけでもないので、皆さんと戦わないよう通達しておくッス」


・クリスタルキャッスル内部マップ



PC達はパーティーの準備として以下のような仕事を依頼されます。
どのPCがどの仕事を担当するかは自由に選択可能で、
1つの仕事につき2人までが担当することができます。
PCが担当しなかった仕事は適当に『氷棺の受刑者』と配下の魔族が担当してくれますが、
できる限りすべての仕事をPCが担当したほうがよい結果になるでしょう。

なお原則として判定のダイスが振れるのは担当するPCのみですが、
(合算可能な【魔道工学のススメ】などの【特技】も、担当していないPCは合算は行えません)
他のPCもその場にいるものとしてロールプレイを行うことはかまいません。

これらの仕事がうまくいった場合「仕事達成値」という特別なポイントがもらえます。
シナリオ終了時に「仕事達成値」が多ければ多いほど、報酬がグレードアップします。
すべての仕事の処理が終了したら「Cパーティー当日」へと進んでください。



3−1.時計台の修理

「クリスタルキャスル中央には名物『水晶の時計台』があるッス!
 しかしお嬢が凍り付かせてしまったせいでまったく動かないッス・・・
 やはり時計が止まってるとかっこがつかないので修理をよろしくッス!
 ギア仕掛けで動いてるはずッスからそういうのに詳しい人がいいッスね」


時計台には大広間の階段から向かうことができます。
(2階は複雑に入り組んでいますが、時計台に向かう階段は上がってすぐに見つかります)
時計台の制御室に向かう階段は城の外側にらせん状に連なっており、とても細い上つるつる滑ります。
[敏捷−2]判定に失敗すると落下して「3D+50」の防護点無視ダメージを受けてしまいます。
失敗したときに他の仲間に回復などをしてもらうことは構いません。
「飛行状態」になれるPCがいれば[敏捷]判定は不要でしょう。

無事時計台の制御室にたどり着くと、内部は見事に凍り付き修復には時間がかかりそうです。
担当するPCのどちらかが[知力−6]判定に成功すれば、うまく修復できます。
【魔道工学のススメ】があれば判定にボーナスを得ることができますし、
SLvが2以上であれば判定そのものが不要になります。
無事修理ができれば、クリスタルキャッスルに優雅な3拍子の曲が鳴り響きます。
また、それと同時に城内全域に明かりがともって城の雰囲気も少し変わります。
1回の判定で修復ができた場合「仕事達成値」が+2されます。
2〜3回であれば「仕事達成値」が+1されます。
それよりかかってしまうと時間切れです。時計台は修理できません。




3−2.とれとれぴちぴち

「フィルトウィズ中の魔族が集まる盛大なパーティーにするらしいので、
 うまい料理は絶対に欠かせないッス!となればフロストクラブ料理以外考えられないッス!
 地下牢の奥に地底湖があるはずなんで、そこで捕まえてほしいッス。料理ができる人が理想ッスね」


氷の柱でできた牢獄を脇目に地下へと降りていくと、件の地底湖が見つかります。
ここではPC全員で ボコスカ戦闘 を1ターン行い、フロストクラブを何匹捕まえたかを決めます。
たとえばボコスカ戦闘の結果が300点の「打撃」「斬撃」「刺突」属性ダメージの場合、
フロストクラブ1体を仕留めるのに必要なダメージは「打撃」防護点を参照して72点です。
よって300÷72=4(余り12)となり、4体のフロストクラブを仕留めたことになります。
反撃ダメージは考えなくて構いませんが、【特技】を使用した場合の〔FP〕は消耗します。

名称:フロストクラブ
HP:62
防護:打撃10/斬撃15/刺突20/火炎5/冷気30/電撃15
解説:スノーホワイト地方に住む蟹の魔物。倒すと肉が手に入りとてもうまい。

無事にフロストクラブを捕まえると、調理の判定にうつります。
[知力−3]判定を捕まえたフロストクラブの数と同じ回数だけ行います。
【魔法の料理人】があれば判定にボーナスを得ることができますし、
SLvが2以上であれば判定そのものが不要になります。
調理に成功した「フロストクラブの数÷2」だけ「仕事達成値」がプラスされます。(端数切捨て)

なお特異点「乱痴気騒ぎ」を持つPCの場合は1つつまみ食いをしそうになります。
[意志]判定で抑え込んでください。

 

3−3.調度品の調達

「この城には、世界最高峰とも言われた美しい食器や照明器具があるんスよ!
 まあお嬢のせいで使えるものがどの程度残っているかはわからないんスけどね・・・
 東の塔がそういった調度品を置いておく倉庫になってたはずなんで、
 パーティーで使えそうなものを適当に見繕ってとってきて欲しいッス!
 審美眼があって上流階級の作法なんかに詳しい人がありがたいッスね」


東の塔は倉庫というよりは美術館になっており、さまざまな調度品が飾られてありますが・・・

「うふふふふ、それーそれー(パキーンパキーン)
 あっ、人間・・・こっちのほうを凍らせちゃおうかしら・・・」


アイスメイデン(CL10)が高価な調度品を割って遊んでいます。
彼女には『氷棺の受刑者』からの通達が行き渡っていないため力づくで止めなければなりません。
2人で仕事を担当している場合はアイスノーブル(CL24)になります。
この戦闘は ボコスカ戦闘 で解決してもかまいません。

「ひどいわひどいわ・・・デス様に言いつけてやるぅ・・・」


無事アイスメイデンを倒すと室内の調度品を選ぶことができます。
そのセンスは担当するPCの【賢人の知恵】【詩人の交渉術】のSLvの合計値によって決まります。
SLvの合計値に等しいだけ「仕事達成値」がプラスされます(最大+3)
アイスメイデンに負けてしまった場合は、死にはしませんが〔HP〕が1になり仕事は失敗します。
該当する特異点や【特技】がないPCは[知力−3]判定に成功すれば「仕事達成値」が+1されます。


・特異点「非凡な直感」があればよさげな調度品を直感で選べます(達成値+1)
・グラントのPCも審美眼が優れているため、ボーナスを得ても良いでしょう(達成値+1)
・マーチャントの【マーチャントソウル】【ワールドトレーダー】【バックディーラー】のSLvも加算可能です。


☆マスターシーン(描写するかはお好きに)

「デス様デス様ぁー!大変ですぅー!人間がこのクリスタルキャッス・・・!?」


がちゃん、と北の塔にあるデスの私室のドアが乱暴に開く。
恍惚とした表情でエアデュエットのポーズのまま固まるデス。
それを見て固まるアイスメイデン。

「・・・死ねえっ!!!」

ずんばらりん。あわれアイスメイデンは大鎌「ニヴルヘイム」で一刀両断されてしまう。
負けるなアイスメイデン。一週間もたてばたぶん復活できるよ。



3−4.服装コーディネーター

「仮装パーティーッスからね、雰囲気も大事なんッスよ。
 で・・・ここが一番難儀なところなんですが・・・
 ズバリ、お嬢の服装をコーディネートしてほしいッス!
 お嬢を怒らせたら世界が滅びると思って慎重にやってほしいッス!
  ・・・人間なのは隠したほうがいいので、この仮面をつけておくといいッス」


第四魔将デスの服装をコーディネートする役割です。
ある意味もっとも危険な仕事と言えるでしょう(笑)

『氷棺の受刑者』の案内に従って北の塔に向かうと、
螺旋階段を上がったその最上階に第四魔将デスの部屋があります。
『氷棺の受刑者』は宙に浮かぶメイスで「こんこん」とノックをします。

「言いつけ通りお嬢の服をコーディネートする方を連れて来たッス!
 グレイヴディガー様のしもべなので丁重に扱うッスよ!」

「ふんふんふ〜ん♪くるっとここで右にターン・・・
 ・・・はっ!?い、今準備をするわ。そこで待ちなさい!」


ばたばたと準備をする音が聞こえますが、ほどなくして部屋に入るよう言われます。

*

☆描写
あなたが促されるままにドアを開けると、部屋の中から外へ凄まじい冷気の風が通り抜ける。
中央の豪華なソファに腰をかける少女の周囲には、白い煙とも霊魂ともつかぬようなものが舞っている。
その煙のせいか、腰まで届こうかという紫の髪がふわふわと踊っていた。
どうやら、この少女が第四魔将デスのようだ・・・

「・・・あなたが受刑者の言ってたコーディネーターかしら?
 なんだか頼りなさそうだけど・・・まあいいわ。意見を聞かせてもらおうかしら。
 明日はとても大切な殿方がいらっしゃるから、一切の妥協はしないで頂戴。
 見た目だけならフィルトウィズに存在するありとあらゆる服を取り揃えてあるわ」


ここでは普段と違う第四魔将デスを演出できるよう、PCのロールプレイが試されます。
(普段のデスは黒地に髑髏の飾りがいくつもついたゴシックドレスを身に着けています)
この部屋のクローゼットはとても広く、思いつく限りの服装があることにして構いません。
ブルマーやスクール水着など、ちょっとマニアックな服もなぜかあります(笑)
仮装パーティーですので、どんな服装でもうまく説得できれば着せて構いませんが(GMが判断します)
PCが真面目に考えていないと判断した場合、北の塔の窓からけり落とされるかもしれません?
その場合は担当PCが「3D+100」の防護点無視ダメージを受け、この仕事は失敗になります。

うまく第四魔将デスの服装をコーディネートできれば「仕事達成値」がプラスされます(最大+3)
どの程度プラスされるかはPCのロールプレイからGMが判断しますが、
担当PCに【詩人の交渉術】があれば更にSLv分のボーナスを与えても構いません。
余談ですがテストプレイでは白ゴスロリの下にスクール水着を着こんでいました(笑)




Cパーティー当日

「ま、まずい、マズイッスよおおおおお!!!
 今ディガー様から使いのオウルセージが来て、ディガー様はご欠席とか・・・
 これがお嬢に知られたら僕ら全員お嬢の八つ当たりで皆殺しッスよ!!
 なんとか代役をたててお嬢に気づかれずに無事パーティーを終わらせるッス!」


準備を終えてPC達が応接間で待機していると血相をかえた(いや、骨なのでわかりませんが)
『氷棺の受刑者』が駆け込んできます(これまた正確には浮いてくるんですが)

『氷棺の受刑者』はPCを変身させて代役に立てようとします。
面白くなるようPCを1人選ぶとよいでしょう。
西の塔は「儀式の塔」と呼ばれており、魔法の儀式を行うことで通常よりも
強力な魔法を使うことができるようになっており、
ここで強力な変身魔法をかけてグレイヴディガーにしてしまおうというわけです。

もともとの姿が似ているほうがより精巧に変身できますが、
体型(もしくは性別)が違っても、多少違和感がある程度できちんと変身できます。
グレイヴディガーの外見は、金髪のロングヘアーの美形で
虎耳と虎尻尾をつけた背の高い青年貴族といったものです。

※通常はこの儀式によりPC全員が〔FP〕を5点消費しますが、
【狐の化かし】を持つPCがいれば、儀式の間の力が手助けしてくれるため〔FP〕は消費しません。

「なかなかいいかんじで変身できたッスね!
 あとはこの髑髏の仮面をつけて・・・OKッス!
 よし、他の皆さんも思い思いの仮面をつけて会場に向かうッスよ!
 あ、ディガー様の配下のフリとかできたらなおよしッス!」


ちょうどパーティーが始まる時間には儀式が完了します。
『氷棺の受刑者』が持ってきたグレイヴディガーの配下なりきりセットもありますので、
他のPCも変装していくとよいでしょう(どこから持ってきたんだか)
デュラハン、ゴースト、リッチ、カロンあたりが変装しやすいでしょう。

パーティー会場に到着するとオウルセージが受付をしています。

「ホウホウホーウ!グレイヴディガー様一行ご到着!
 ・・・受刑者様よりお話は伺っております、我々の身の安全のため名演を期待しております」




4−1.主催者挨拶

まずは北の塔側に作った檀上からデスからの挨拶があります。
PCがコーディネートした衣装を着ていますので、
マジメな衣装でなければ若干シュールになるかもしれません。

「魔族に名だたる名士の皆様、本日はお集まりいただきありがとうございます。
 人間との戦いに加えて正体不明の敵との戦いも続いており、
 魔族の皆様におかれましては心休まる時が少ないこととは存じ上げますが、
 今宵だけは大いに骨休めをしていただきたいと存じ上げます。
 それでは・・・魔族とフィルトウィズの未来に、乾杯!」


「あのお嬢があんな立派な挨拶を・・・!2時間も練習した甲斐があったッス・・・!」

「正体不明の敵」についてPCが言及した場合は以下のようなことが聞けます。

「・・・最近、僕たち魔族は今まで見たこともない敵と戦ってるッス。
 今のところはこっちで大体食い止めてるんですが、
 ひょっとしたら人間の領域にもちょくちょく現れてる可能性があるッスね。
 しかし人間との戦いも続けるようお達しも出てますし・・・
・・・おっと、ちょっとしゃべりすぎたッスね。さあさあ、カニでも食べるッスよww」




4−2.ドキドキ☆お宝さがしゲーム

「皆様、パーティーは楽しんでいただけてますか?
 では、このあたりでひとつ余興としてゲームをさせて頂きます。こほん・・・題して・・・」
 
「ドキドキ☆お宝さがしゲーム!!」
 
「ふふふ、合法的にディガー様と二人きりになれるゲームを考えろと言われて
 僕が必死に考えたゲームッスからね・・・あ、ひとつ忠告ッス。
 お嬢と二人きりのときに正体バレとかしたら命はないので頑張るッスよ」


「ドキドキ☆お宝さがしゲーム」は城内に隠されたお宝(小さな水晶の鍵)を探すゲームです。
2人〜3人でチームをくみ、見つけた鍵1つと引き換えに宝箱1つを開けることができます。
宝箱の中には強力なアイテムも入っていますので頑張って探してみましょう!
ただし城内にはさまざまなトラップが仕掛けてありますので、注意が必要です。
(魔族は割と「死んでもいいや」的なメンタルで遊ぶので致命傷になることもあります。
 死んでしまった場合はアニーがこっそり助けてくれても良いでしょう)

「ささっ、ディガー様。私と一緒にお宝を探しに参りましょう♪」

グレイヴディガーに扮したPCはデスに有無を言わさず連れていかれてしまいます。
他のPC同士でチームを組んで他の場所を探すとよいでしょう。
1チームで2か所まで探索可能です。


宝を探しにいける場所の候補は以下の通りで、1チームにつき2か所まで探索可能です。
グレイヴディガーに扮していないPCは2チームにまとまるようにすれば良いでしょう。
(なおグレイヴディガーに扮したPCは1か所しか探索できません。)
事前に部屋ごとの内容を知ることはできませんが、
探索に失敗した部屋の情報を別のチームに教えるのは構いません。

@大広間 A北東の塔(書庫) B東の塔(展示室)
C西の塔(儀式の間) D北西の塔(ペット部屋) E時計塔 F地下牢獄



@大広間
シャンデリアの上に鍵があるのを発見できます。
「飛行状態」になることができれば簡単に入手可能ですが、
それ以外の場合はシャンデリアを飛び移っていく必要があります。
[敏捷−6]判定に成功すれば鍵を入手できますが、
失敗すると「3D+50」の防護点無視ダメージを受け探索は失敗になります。
PC1人につき1回だけ判定可能です。
有効:【野伏の歩み】


A北東の塔(書庫)
凍った巨大な百科事典の中に鍵があるのを発見できます。
「火炎」属性の攻撃で合計30点以上60点以下のダメージを与えれば
うまく氷を溶かして鍵を入手できます。PCが2人以上の場合ダメージは合計可能です。
ダメージが30点未満だと氷が溶かせず、60点を超えると破壊してしまいます。
PC1人につき1回だけ攻撃可能です。

なお【ハッキング】をもつPCが偶然いた場合、
パスワードでプロテクトされた日記があるのを発見します。
なお、中身は第四魔将デスの黒歴史ノートです。
(面白そうなら【ハッキング】なしで見つかっても構いません。
 デスがいるチームが発見した場合は全力で止められます)

「今日は暇だったので最強の魔法を考えてみた。エターナルブリザード、相手は死ぬ!
 うん、いい魔法が考案できたわ。今度運営と交渉して実装してもらいましょう」


「今日はワンダラーが戦いを挑んできた時のためにかっこいいセリフを考えておこう。
 度し難い愚か者ども・・・美しき氷の棺で永久に眠るがいいわ・・・くーっ、私かっこいいいい!」

「ああっ、ディガー様は今日も素敵!あのしっぽをモフモフクンカクンカスーハスーハしたいいい!
 い、いえ我慢するのよデス!淑女キャラ、淑女キャラ・・・」

「しかし受刑者の奴も諦めの悪いこと・・・べ、べつにアイツなんかに好かれたって嬉しくなんかないし!
 そうよ、あんな魔族より人間大好きのカラクリオタクなんて好きになるわけないし!ふんっ!」


「ハカンの奴に例の怪物どもの話を聞いたが、はぐらかされてしまった。
 絶対何か知ってるわ・・・怪しい・・・バロールに一応伝えるだけ伝えてやろうかしら」
 


B東の塔(展示室)
展示室の中央に台座が増えており、6つの鍵が置かれています。
台座には以下のようなメッセージが書かれています。

「正しき鍵は6つのうち1つ。偽りの鍵を手にした者に災いあれ」

[知力−6]判定に成功すれば、大広間で見た本物の鍵と同じものを選べます。
「非凡な直感」「精緻な記憶」を使えば判定なしで判別可能です。
それらの判定に失敗したあとにチャレンジする場合は1Dを振って1が出れば入手可能です。
誤った鍵を入手したキャラクターは〔FP〕に「3D+20」の「冷気」属性ダメージを受け、
フォーチュンも1点減少します。誤った鍵は手にした瞬間に消滅します。
何度でも挑戦可能ですが、誤った鍵を手にするたびに同様のペナルティを受けます。


C西の塔(儀式の間)
儀式の間の中央にはあからさまに目立つ宝箱が置いてあります。
カギもトラップもかかっておらず、中を開けると「ハズレ」と書かれた紙が置いてあります。
(紙にはあかんべーしたデスの描かれた落書きがあり「ネクラ」「コミュ障」
 「脳筋」「中二病」「単細胞」「冷え性」・・・などなど悪口の数々が書かれています)

しかし、[感覚−6]判定に成功すれば宝箱が二重底であることがわかります。
底を取り外すとういっしゅすたー(大事なもの)が2個入手可能です。
中の紙切れにはメッセージが書かれています。

「第四魔将イグニスとデスは不完全な姿であり、元は1つの魔将であった。
 フィルトウィズの時間を操作する役割を持ち、本来の名はムスペルニヴルという」


有効:「鷹の目」【盗賊の極意】


D北西の塔(ペット部屋)
北西の塔は「消失の日」以前は兵士の訓練場だったのですが、
現在はデスのペットである氷龍グレイシャル(CL60)が居座っており、
その足に複雑なカギが知恵の輪のように括り付けられています。
氷龍グレイシャルは眠っており、起こさずに入手するには
[感覚−6]判定に3回以内に成功する必要があります。
2回以内に成功できなかった場合は氷龍グレイシャルが目覚めてしまい、
部屋にいるPC全員が「3D+70」の「冷気」属性ダメージを受け、探索は失敗になります。
なおPC1人につき2回まで挑戦可能で、全員失敗したあとダメージを受けます。

有効:【盗賊の極意】【ロックスミス】


E時計塔
時計塔の壁には文字が刻まれています。
時計塔の制御装置を操作して時刻を正しく設定すると、カギが降ってきます。

「短き者が冬の始まりを告げる。長き針が春の始まりを告げる」


[知力−6]判定に成功すれば正解がわかります。
フィルトウィズの暦は冬が1月、春が4月からとなっていますので、
短い針が1、長い針が4を指す1:20が正解です。
キャラクターが判定に失敗しても、プレイヤーが正解できればそれでも構いません。
有効:【賢人の知恵】


F地下牢獄
地下牢獄は複雑な上、脱走防止用の罠があちらこちらに仕掛けられていますが、
数ある牢獄のうち1つのベッドの上にカギが置いてあります。
罠を解除することはできず、避けるためには「ドッジ−6」判定が必要です。

アイスコフィン
宝箱を開けようとしたキャラクターを氷漬けにする罠。
対象1体に「3D+50」の「冷気」属性ダメージ。
更にFPにも10点の防護点無視ダメージを受ける。

さらにこの罠を受けるとかちんこちんに凍ってしまい、
「ドキドキ☆お宝さがしゲーム」中は何もできなくなってしまいます。
PCが誰か1人でも回避すればカギは入手可能です。


☆財宝リスト
無事にカギを入手できた場合、大広間の宝箱の中には以下の財宝が入っています。
ダイスを2回振って入手できる財宝を決定します。
(すでに入手した財宝の場合「ハズレ」になります)
このシナリオでのみ入手可能な貴重品も存在します。

奇数1
名称:クリスタルソード(剣)
攻撃:10  体力:11  属性:斬撃/刺突  射程:1(近接)
命中:0  パリイ:1  価格:36000GP
解説:先端が鋭く尖った水晶の剣。魔を退ける力を持っている。
〔抵抗〕に+2のボーナスを得る。

奇数2
名称:アイシクルスピアー(槍)
攻撃:12  体力:11  属性:刺突/冷気  射程:2(近接)/10(投擲)
命中:0  パリイ:0  価格:36000GP
解説:凍り付くような穂先を持つ、冷気の魔力を秘めた槍。
両手で使用すると攻撃力17になる。

奇数3
名称:ニヴルヘイムレプリカ(斧)
攻撃:24  体力:16(両手)  属性:斬撃/冷気  射程:2(近接)
命中:−2  パリイ:−2  価格:36000GP
解説:第四魔将が所有する、凍てつく刃を持つ巨大な鎌のレプリカ。
レプリカといえどその重量と威力は凄まじい。

奇数4
名称:クリスタルロッド(鈍器)
攻撃:9  体力:8(両手)  属性:打撃  射程:2(近接)
命中:0  パリイ:+2  価格:36000GP
解説:先端に精神集中を助ける水晶を取り付けた、清らかな杖。
魔法の〔命中〕判定に+2のボーナスを得る。
また、〔抵抗〕にも+2のボーナスを得る。

奇数5
名称:ホワイトウイング(弓)
攻撃:10  体力:10(両手)  属性:刺突  射程:20(射撃)
命中:−2  パリイ:−4  価格:36000GP
解説:使用者の周囲を白い羽が舞い防御壁となる美しい弓。
〔回避〕に+2、あらゆる防護点に+3のボーナスを得る。

奇数6
名称:冬将軍(刀)
攻撃:9  体力:13  属性:斬撃/刺突/冷気  射程:1(近接)
命中:0  パリイ:1  価格:36000GP
解説:雪のように白い刀身を持つ名刀。両手で使用すると攻撃力13、射程2になる。
「冷気」属性に対する防護点に+10のボーナスを得る。

偶数1
名称:水晶壁の鎧(鎧)
打撃:15  斬撃:20  刺突:20
火炎:10  冷気:30  電撃:20
体力:15  価格:45000GP
解説:雪の町スノーホワイトを取り囲む「水晶壁群」から切り出した鎧。
〔抵抗〕に+1のボーナスを得る。

偶数2
名称:凍てつく貴族の服(鎧)
打撃:25  斬撃:25  刺突:25
火炎:0  冷気:25  電撃:0
体力:7  価格:45000GP
解説:改良を加え冷気にも強くなった死霊貴族の服。
しかし火炎と電撃に対しては弱いままだ。

偶数3
名称:ノーブルジュエル(装飾品)
価格:24000GP
解説:アイスノーブルの力が結晶となった青いダイヤのような宝石。
〔抵抗〕に+2、「冷気」属性に対する防護点に+10のボーナスを得る。

偶数4
名称:氷狼の爪(装飾品)
価格:25000GP
解説:魔獣クリスタルビーストの魔力が宿った爪。
格闘の致傷力に+3のボーナスを得て、「冷気」属性を付与する。

偶数5
名称:奇跡のポーション(消耗品)×人数分
価格:10000GP
解説:〔HP〕と〔FP〕を「3D+40」点回復して、
現在受けているバッドステータスも消し去るポーション。

偶数6
名称:蘇生ポーション(消耗品)
価格:30000GP
解説:死亡して1日以内で肉体が原型を留めている死体を、
〔HP〕〔FP〕が1の状態で復活させるポーション。



4−3.デスとあなた

デスに連れ出されたグレイヴディガー(に扮したPC)は、
お宝探しゲームの途中で北の塔に連れていかれます。

「ようやく2人になれましたわね、グレイヴディガー様・・・
 い、いえ別に私がやましい気持ちで2人になりたかったとかではなく!
 ただ第二魔将様をお出迎えするのをやはり下々の者に任せるわけには参りませんので!
 そ、それと・・・その・・・今日の服・・・似合っているでしょうか・・・?」

デスは1人であたふたしながら自室のバルコニーへと案内します。

「フィルトウィズ・・・この世界について、グレイヴディガー様はどう思われますか?
 この世界は作られた『偽りの世界』だとバロールは言いますが・・・
 私がこうしてここであなた様とお話していることも、幻に過ぎないのでしょうか?
 ・・・私は、そうは思いません。だからこそ、奴らからフィルトウィズを守らねばなりません」


デスは何かを決意するかのように拳をぐっと握ります。
魔将以上の権限を持つキャラクターから与えられた情報は、
フィルトウィズの核心に迫る内容でも抜け落ちないため、
この情報は「真実を知る者」以外でも理解可能です。
(あまりつっこんだことを聞こうとするとデスに不審がられるでしょうが)

「グレイヴディガー様、私は最近思うのです。いかに我々魔族が強力であっても、
 奴らは一体どこに潜みどれほどの軍勢なのか検討もつきません。
 バロールが奴らの侵入経路を探っているようですが、成果がいつ出るかは不明です。
 こうなれば、今こそ我々魔族と人間とが・・・」


そこまで言うと、時計塔が10時を指し時計台から曲が鳴り響きます。

「い、いけませんわ!ダンスパーティーの時間になってしまいましたわ!
 最後のイベントですからグレイヴディガー様もご一緒してくださいませ!」




D大団円〜クリスタルキャッスル脱出!

5−1.ダンスパーティー

デスとグレイヴディガーに扮したPCが戻ってくるとダンスパーティー開始です。
先ほどチームを組んだキャラクター同士でダンスをさせるといいでしょう。
端数が出てうまくペアが作れない場合は会場内の魔族やアニーからペアの申し出がありますので、
それを受けると良いでしょう(「宿敵:魔族」をもつストームコーザーなどは苦悩するとは思いますが)
他の魔将やネームド魔族もこっそり参加していることにしても構いません。

・ブラックナイト(♂)
「さ、参りましょうお嬢さん。なにぶん剣にばかり生きていたもので、多少の不手際はお許し頂きたい」

・サーバント(♀)
「わたくしがお相手させていただきます。こういうことは得意ですからお任せくださいませ。
 ・・・それともあなたがリードしてくださいますか?ふふっ」

・アニー
「私がいいの?・・・ま、当然ね!私と踊れるなんて感謝しなさいよ!」

ダンスがうまくできたかどうかはPCごとに[敏捷−3]判定を行います。
【詩人の交渉術】があれば判定に「SLv×3」のボーナスを得ることができます。
判定に成功した場合1人あたり「仕事達成値」が+1されます。
また、ロールプレイでパーティーを盛り上げたキャラクターは別途+1しても良いでしょう。


「今日は、パーティーを企画して本当に良かったですわ。
 またこんな時間が作れるよう、我々の手でフィルトウィズを・・・
 ・・・ん?何かしら、入り口のほうが騒がしいですわね・・・」

ダンスパーティーのさなか、周囲の魔族たちが騒ぎ始めます。

「おやおや、なんとか時間が取れたので来てみましたが・・・これはお邪魔でしたか、くくっ」

なんと本物のグレイヴディガーとその配下達が到着してしまいます。
デスは何が起こったのかわからず目を白黒させています。
その瞬間、会場内の明かりという明かりがすべて消されてしまいますが、
道しるべになるかのように外へと続く光の絨毯ができます。

(今皆さんの心の中に直接話しかけてるッス!
 もはや誤魔化すのは不可能なんでこのクリスタルキャッスルを脱出ッス!
 幸い本物のディガー様が来たからお嬢も無茶はできないはずッス・・・
 ともあれその光の絨毯を辿れば君たちの飛行船のところに戻れるッス!
 魔族にはその光が見えないので、少しは時間稼ぎになるはずッスよ!)


氷棺の受刑者が作った光の絨毯を走っていくと無事に外に出ることができます。
去り際に、デスや魔族達に言いたいことがあれば一言残していってもいいでしょう。




5−2.脱出バトル!

デスはしばらく口をぱくぱくさせていますが、すぐに顔を真っ赤にして叫びます。


「ゆ、ゆ、ゆ、許さないわ・・・ッ!あ、あ、あいつら直々に私がッ・・・!」
「おっと、レディがそのような血なまぐさいことをする必要はありませんよ。
 ここは・・・そうですね、彼にお願いするというのはいかがでしょう?」


グレイヴディガーは駆け出そうとするデスの肩をとり、『氷棺の受刑者』に目くばせします。
『氷棺の受刑者』は心得たかのように、PC達を追いかけます。
飛行船の入り口付近でPCは追いつかれ、『氷棺の受刑者』との戦いになります。

「いやー、僕の今の身分だと魔将様の命令は絶対なんスよね。
 というわけで皆さんと戦うことになってしまいましたが・・・
 僕個人としても、君たちがここまでどの程度の力をつけてきたか興味があるッスよ!
 ・・・そうそう、そちらのフラウさんは手出し無用でお願いするッス」


「・・・アタシのことかしら?心配しなくても最初から手出しする気はないわ」

アニーは興味なし、とでも言わんばかりに両手を広げて「やれやれ」のポーズをとります。
この戦闘は脱出が目的ですので、必ずしも敵を全滅させる必要はありません。
PC全員が飛行船(マップ右下部)に到達すればその場で戦闘終了となります。
パーティーの機動力が十分にある場合は狙ってみても良いでしょう。
今回もエネミーはなかなか強力ですので、必要であればPCの戦力にあわせて調整してください。
PCが特に強力な場合、J2あたりにアイスノーブルを追加しても良いでしょう。

CL合計値69以下・・・エネミーのあらゆる致傷力−10 〔HP〕−100(部位は除く)
CL合計値70〜89・・・データ通り
CL合計値90以上・・・エネミーにクリスタルナイト(CL36)を追加





暗い水色・・・通常のヘクス
明るい水色・・・PC初期配置可能ヘクス
水の模様・・・氷上ヘクス(ターン開始時に〔移動〕−5、「ドッジ」失敗すると転倒)
森の模様・・・水晶の林 〔回避〕に+2のボーナス
明るい灰色・・・死者の箱舟の床 全員このヘクスに到達すれば脱出可能
網目模様ブラウン・・・死者の箱舟の手すり(飛行状態以外での通行不可)
網目模様グレー・・・死者の箱舟の屋根(飛行状態以外での通行不可)
階段・・・通常のヘクスと死者の箱舟の床を繋ぐヘクス


『氷棺の受刑者』を倒すか全員が飛行船のヘクスに到達すると、
戦闘は終了します。「Fエピローグ」に進んでください。




Eエネミーデータ

名称:アイスメイデン

CL:10  分類:魔族
体力:8  敏捷:12  感覚:10  知力:15  意志:12
HP:60  FP:24  命中:14
ドッジ:10  パリイ:不可  シールド:13
移動:7  先制:10  抵抗:14
防護:打撃4/斬撃6/刺突8/火炎0/冷気∞/電撃6
攻撃:冷気の槍(槍)・・・3D+18(刺冷) 射程10(射撃) 何個でも作れる

・特技
被ダ【因果応報】:FP5 自分に攻撃した対象に3D+10の防護点無視ダメージ
   射程10(魔法) CT:次ターン
支援【アイシイウェポン】:FP4 対象の物理致傷力+3 「冷気」属性付与
行動【アイスダガー2】:FP2 命中16 3D+30(刺冷) 射程10(魔法) 「パリイ」不可
行動【闇の冷気】:FP8 命中16 3D+25(冷) 射程10(魔法)
   指定から3ヘクス 「パリイ」「シールド」不可 CT:戦闘終了

解説:強力な冷気の魔法と呪術を操る、氷の体を持つ無垢な少女のような魔族。
東の塔の展示室でいたずらをしている。

レア:紺碧の瞳(装飾品)



名称:アイスノーブル

CL:24  分類:魔族
体力:9  敏捷:13  感覚:11  知力:17  意志:12
HP:126  FP:51  命中:19
ドッジ:11  パリイ:不可  シールド:15
移動:8  先制:11  抵抗:18
防護:打撃4/斬撃6/刺突8/火炎0/冷気∞/電撃6
攻撃:冷気の槍(槍)・・・3D+28(刺冷) 射程10(射撃) 何個でも作れる

・特技
判前【静寂の護り】:FP3 自分以外の対象の〔抵抗〕に+6のボーナスを与える 射程10(魔法)
被ダ【因果応報3】:FP5 自分に攻撃した対象に3D+30の防護点無視ダメージ
   射程10(魔法) CT:次ターン
支援【クリスタルウェポン】:FP4 対象の物理致傷力+10 「刺突」「冷気」属性付与 射程10(魔法)
行動【アイスダガー3】:FP2 命中19 3D+51(刺冷) 射程10(魔法) 「パリイ」不可
行動【ホワイトインペイル】:FP8 命中23 3D+81(刺冷) 射程10(魔法) 「パリイ」不可 CT:戦闘終了
行動【闇の冷気3】:FP8 命中19 3D+47(冷) 射程10(魔法)
   指定から3ヘクス 「パリイ」「シールド」不可 CT:戦闘終了

解説:アイスメイデンが何人もの敵を葬り、その力を奪うことでより強力な魔法を身に着けた。
アイスメイデンに比べるといくらか感情豊かになったが、被害妄想が強く根暗なことが多い。
威力の高い【ホワイトインペイル】と範囲攻撃の【闇の冷気】は危険なため、
即座に倒したいところではあるのだが、反撃技【因果応報】も強力なため注意が必要。

レア:ノーブルジュエル(装飾品)




名称:『氷棺の受刑者』(BOSS)

解説:第四魔将デスの腹心、かつ愚痴聞き係。名前もあったらしいが不明。
このシナリオで完全に本気では戦わないが、それでもかなりの強敵。

CL:50  分類:ネームド/魔族
体力:15  敏捷:11  感覚:12  知力:20  意志:20
HP:840  FP:300  命中:21
ドッジ:12  パリイ:不可  シールド:不可
移動:6  先制:22  抵抗:20
防護:打撃20/斬撃25/刺突30/火炎0/冷気∞/電撃30

・特技
常時【ネームドエネミー】:HP0以外で気絶せずBSをターン開始時に打ち消す 打ち消し時CL分HP消費
常時【賢者の理】:【ダブルキャスト】【ブリザード】【ホワイトインペイル】を「CT:次ターン」に変更
支援【カラクリデスコ修理】:FP10 カラクリデスコをHP100で復活させBSも回復
   一度に100点以上のダメージを受けて破壊された場合復活できない CT:戦闘終了
支援【ダブルキャスト】:FP8 続く行動ターンで【魔法】を2回使用する CT:戦闘終了 〔HP〕300以下で使用
行動【パーフェクトヒール】:FP10 〔HP〕とバッドステータス全回復 射程10(魔法) CT:戦闘終了
行動【ブリザード】:FP12 命中21 3D+60(刺冷) 射程10(魔法) 指定から3ヘクス 「パリイ」不可 CT;次ターン
行動【ホワイトインペイル】:FP8 命中25 3D+90(刺冷) 射程10(魔法) 「パリイ」不可 CT:次ターン
行動【エターナルコフィン】:FP15 バッドステータス「☆氷棺」を与える 射程10(魔法)
   〔抵抗−6〕判定で無効化 CT:シナリオ終了 〔HP〕300以下で使用

☆行動パターン
1:通常は2体以上を巻き込めるなら【ブリザード】、そうでなければ【ホワイトインペイル】を使用する。
2:〔HP〕が300以下になると【ダブルキャスト】→【ブリザード】【ホワイトインペイル】を連発する。
  また、1度だけ【ホワイトインペイル】の代わりに【エターナルコフィン】を使用する。
3:自分の〔HP〕が600以下になるかカラクリデスコの〔HP〕が200以下になると
  【パーフェクトヒール】を使用する。他の行動より優先する。
4:カラクリデスコが破壊されると支援ターンに【カラクリデスコ修理】で復活させる。

部位:凍てつく賢者のメイス
HP:200
防護:打撃30/斬撃35/刺突40/火炎0/冷気∞/電撃40
攻撃:凍てつく賢者のメイス(鈍器)・・・命中21 3D+60(打冷) 射程10(近接)
破壊:なし
解説:『氷棺の受刑者』が念力で操る氷のメイス。


通常:10000GP
レア1:ういっしゅすたー(大事なもの)
レア2:ういっしゅすたー×2(大事なもの)



名称:『第四魔将っぽい』カラクリデスコ(BOSS)

解説:『氷棺の受刑者』が戯れに作った第四魔将デスのカラクリ。
本人の性格や口調などがかなり高度に再現されている。
デス本人ほどではないが回避率がそこそこ高く、
わずかでもダメージを受けると強力な【ダイヤモンドカッター】を使用する。

CL:20  分類:ギア/ネームド
体力:13  敏捷:16  感覚:15  知力:10  意志:12
HP:400  FP:188  命中:22
ドッジ:17  パリイ:15  シールド:不可
移動:11  先制:15  抵抗:12
防護:打撃10/斬撃8/刺突6/火炎4/冷気30/電撃4
攻撃:ニヴルヘイムレプリカ(斧)・・・3D+36(斬冷) 射程2(近接)

・特技
常時【ネームドエネミー】:HP0以外で気絶せずBSをターン開始時に打ち消す 打ち消し時CL分HP消費
常時【銀世界の誘い】:射程内の全員が「ドッジ」失敗時に「☆転倒」 射程100
支援【半永久凍土】:永久凍土の蒼き炎(レプリカ)が近づくもの全てを凍結させる
   3D+20(冷) 射程内の対象全員を攻撃 射程100
支援【凍結縛】:射程内の対象全員の〔回避〕に−1のペナルティを与える(累積する) 射程100
特殊【這い蹲れ下衆が!】:【銀世界の誘い】の効果により「☆転倒」させた場合
   「☆転倒」した対象全員に即座に射程100の【ヒールドロップ】で攻撃を行う CT:次ターン
特殊【死神のレプリカドレス】:ドレスを飾る無数の髑髏が死を超越する力を与えるかもしれない
   HPかFPが0以下になった際HPとFPを99まで回復して復活するが
       一度に100点以上のダメージを受けて倒された場合は復活できない CT:シナリオ終了
行動【ヒールドロップ3】:FP3 命中22 3D+50(打刺) 射程1(近接)
   「☆転倒」させた対象に続けて使用可能
行動【ダイヤモンドカッター2】:FP4 命中22 3D+66(斬) 射程2(近接) 〔HP〕399以下で使用

☆行動パターン
1:【半永久凍土】【凍結縛】は毎ターン必ず使用する。
2:行動ターンは手近な相手に通常攻撃を行う。
  〔HP〕が僅かでも減少すると【ダイヤモンドカッター】を使用する。
3:【銀世界の誘い】により転倒した対象がいた場合【這い蹲れ下衆が!】で追撃する。
4:〔HP〕が0以下になると【死神のレプリカドレス】で復活する。その際の〔HP〕と〔FP〕は99。

通常:3600GP
レア1:ういっしゅすたー(大事なもの)
レア2:ニヴルヘイムレプリカ(斧)



名称:クリスタルナイト

CL:36  分類:魔族
体力:15  敏捷:14  感覚:13  知力:13  意志:13
HP:204  FP:73  命中:24
ドッジ:13  パリイ:16  シールド:18
移動:9  先制:13  抵抗:15
防護:打撃12/斬撃15/刺突20/火炎5/冷気40/電撃15
攻撃:クリスタルソード(剣)・・・3D+40(斬刺) 射程1(近接)

・特技 
特殊【クリスタルシールド】:FP10 【魔法】を受けた際、その効果を使用者に反射する
   回避や抵抗が必要な場合その判定も行う CT:次ターン
避前【ガーディアンスピリット】:隣接ヘクスをかばって単体攻撃を受ける 「シールド」「パリイ」で回避も可能
支援【フィアープリズン】:FP4 恐怖で足をすくませ回避を封じる
   行動ターンで使用する【特技】が「ドッジ」不可となる(「パリイ」「シールド」は可能) CT:1ターン
行動【リープアタック5】:FP4 命中39 3D+65(斬) 射程1(近接)
   攻撃と同時に〔移動〕ヘクス移動可能 移動妨害も受けない
行動【クリスタライズブレード】:FP6 命中24 3D+90(斬刺冷) 射程1(近接)
   命中すると「☆氷棺」を与える CT:戦闘終了

解説:クリスタルキャッスルを守る精鋭騎士で、水晶の武具を身に着けている。

レア:クリスタルソード(剣)

 

Fエピローグ

「やーらーれーたー!ぐふっ!」

「まさか、アイツが人間にやられるなんて!?お、おのれ、私を弄んだ罪は万死に・・・」

「くくっ、実に面白い!彼らにはもっともっと力をつけていただきませんとね。
 さあ機嫌を直してくださいデス。まだまだ魔族の夜は長いのですから・・・」


デスは驚きと怒りの表情を見せますが、グレイヴディガーはやや満足げです。
グレイヴディガーがデスをなだめている間にPC達は無事に逃亡できるでしょう。

*

「やれやれ、ようやく暖かい場所に帰れるわね。
 ・・・でもまあ、ああいうパーティーがある時だけなら行ってやってもいいかしら」


アニーはどことなく満足げだが、あなたには気にかかることがある。
デスや『氷棺の受刑者』が言う「正体不明の敵」のことや、
彼ら魔族がフィルトウィズを守っているということ。

「・・・あいつらの言ってたことが気になるかしら?あなたが『新しき星』に辿り着くころには
 わかるんじゃないかしら。全てが得られる場所なんだから、あなたの知りたい知識もきっとあるわ。
 ・・・そうね!そろそろ『新しき星』に向かうための『星間ステーション』を開通させようかしら!
 次の目的地は大空洞アカシャの内部、虚空都市ガンダルヴァよ!」


何かはぐらかされた気がするが・・・
「新しき星」に何があるのかは、確かに気になるところではある。
望むものすべてが手に入るとも言われているが、そんな都合のいい話があるのだろうか?

「ほらほら、そんなことより甲板に宝箱が置いてあるわよ!
 今回の謝礼ってことね、アイツなんだかんだで手際いいじゃないの!」

いつの間に用意したのか、確かに宝箱が置いてある。
中には換金できそうな宝石類と、クリスタルキャッスルの形をした置物が入っていた。
中央の城の上には小さな小さなデスの人形が乗っており、
時計台のあたりにメモが貼り付けられていた。

「パーティーの手伝い助かったッス!これは今回のパーティー参加者に渡す記念品ッス!
 なんか皆さんには直接渡せない気がするんで先に飛行船の中に置いておいたッス!」


「ふーん何かしら?後ろにネジがついてるけど・・・」

アニーがネジを回すと可愛らしい三拍子のリズムが流れ、デスの人形がくるくると踊りだした。
フィルトウィズでよく知られた民謡「スノーホワイトワルツ」だ。

「・・・あの不愛想女をモデルにしてるくせに可愛くしすぎよ。
 まったく、本人もこのぐらい可愛げがありゃいいのにね」


そう言いつつもアニーはまんざらでもなさそうだ。気に入ったのだろうか?

あなたはしばらくの間、音楽に合わせて踊るデスの人形を眺めていた。
ひょっとしたらそう遠くない未来に、人間と魔族は分かり合えるかもしれない・・・
オルゴールの音色を聴いていると、そんなかすかな希望が生まれるような気がした。

*

「それにしてもアンタ、私のカラクリなんていつの間に作ったのよ!?
 と、と、というかコレ、服の下とかどうなってるワケ!?最ッ低!!!」

「ほんの出来心ッスー!!服の中身は企業秘密ッスー!!」


メインシナリオ4章「スノーホワイトワルツ」 -完-



G清算

お疲れ様でした。
シナリオを無事クリアした場合、PC全員のCLが1上昇します。
途中の「ドキドキ☆お宝さがしゲーム」で見つけたものと、
『氷棺の受刑者』からの謝礼、そしてエネミーからのドロップ品が報酬となります。
謝礼の金額は1人あたり「仕事達成値の合計×300GP」です。

 

Hおまけ

・ボス戦マップ(文字なし)


inserted by FC2 system